初めて会う人と以前からの知り合いのように会話するこつ

ここ数年イベントごとで人に会う機会が多くて、よく知らない、もしくは初めて会う人も多く、とくに不特定多数の人が集まる場で話をつなげるのは疲れるなあ、と思っていたのですが、だんだん数をこなすとそれもなれてきました。もっと上手な方や色々なアプローチはあるのでしょうが、自分が気をつけているコツをちょっとまとめてみました。

数十人、数百人いる中で人に話かけるには、まず人を観察することから始めます。
• ぱっと会場をみまわして、まず知り合いがいるかどうかを確認。知っている人がいれば挨拶。見回した時にどういう雰囲気の会かも把握。
例)ネクタイスーツ系の人が多いか、カジュアルな服装か、年齢層、性別

• できればですが、話しかける前に、黙っている時の様子、もしくは他の人と話している様子をチェック 
例えば講演会の最中にメモをとっている人とか、笑いのつぼが自分と似ている人とかに後で話しかけやすい。

• 声をかける時には、その場の共通項をつかむ。
誰かの話の後なら、”あの話のこの部分がおもしろかった” といった感想を共有したり、主催者やスピーカーに関する話、イベントに関する前向きな話をして、きてよかったと互いに思えるような流れを作る。一般的な話をしてから個人的な話に。

• 逆に話しかけられたら、私に声をかけてくれてありがとう!という笑みをする(こわい?笑)
勇気をだして話しかけた時に、えーって顔されるよりもにこやかに、話をきいてくれると、会話を続けやすくなります。

まあ、結構とくに意識する事なく自然にそうやっている人が多いのではないでしょうか。
日本では、人に会ってすぐに名刺をだすことが多いような気がしますが、アメリカですぐに名刺を出す人は多くない、(約束している人に会う場合や紹介された場合以外)と感じます。それどころか別れ際に名刺をもらうというのも結構あります。
それはたぶん、直接ビジネスになるかどうかはわからない場で、OO会社のXXさん、という以前にこの人と話がしたいかどうか、この人の話は面白いからもう少しきいてみようというのが自然の流れで、それで名刺が出てくるからだと思います。有名会社の名刺や有名大学の名前が専攻してしまうと、結局、後にのこるイメージはその人ではなく、ブランド名になってしまう。そこが売りの人はそれでもいいんでしょうけど。社会的に地位の高い方でも、”僕の名刺欲しいでしょ” といって、挨拶より先に名刺を渡す方が以前いてびっくりしたことがありました。

結局、初対面の人とも友達のように会話するには、相手の話を興味をもってきけて、そして自分の話を楽しく話すことができるということなのかな、と思いますね。いや、別にナンパのコツではありません。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中