バイオ産業のブックオフ?

過去のプロジェクトで長年使用されずに実験室の冷凍庫に保管され、いつかは処分することになるであろう細胞サンプル、タンパク質、抗体等、アメリカのバイオ関連の研究室の冷凍庫には10億ものバイオリサーチの材料があるとの試算があるようです。それを売買するマーケットKerafastがあります。
確かに、現状実行されているプロジェクトにスペースを使いたいでしょうし、自分たちにとって不要でも他の人には役に立つかも、と考えられます。簡単にいえば、バイオ産業のブックオフ?

ボストングローブ10月21日によると、
2010年にこのサービスが始まり、初年度は10の研究所が参加していましたが、この夏100番目の研究所がリストにはいりました。ボストンではボストン子供病院、MIT, ハーバード、マサチューセッツ州立大学等が含まれます。扱うものは、癌、ステムセルなど12の研究分野にわかれており、それぞれの商品には誰が制作したかやどういったものかという説明がついています。値段は$65から$6000以上のものもありますが、平均すると$500程度だそうで商品の発送は海外にも行われます。
サービスを使うほうの研究者にとっては商品によっては、自分で作成したら何ヶ月もかかるものもあり、それをすぐに買える事は魅力であることや、こういった商品には知的所有権が含まれるため、法的な書類の準備といったものもこの会社では行ってくれるので、小さな研究所で人手がないところでは助かるようです。

バイオ産業の細かいことは正直よくわからないのですが、なんか便利そうだけど、怖い感じがしますね。。
バイオ関連のスタートアップというと、普通の人にはわかりにくい専門分野のもの、というイメージがあったのですが、ある意味わかりやすいしくみです。大抵が液体らしいですが、サンプル品としてなら海外発送してもいいんですかね?細胞もグローバル化?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中