コンデナストトラベラーの読者が選ぶ今年の全米ベストホテル

アメリカのおしゃれな旅行雑誌、コンデナストトラベラーの7万6千人以上の読者は全米のベストホテル25のトップにボストンにある フィフティーン ビーコン ホテル を選びました。

このホテルは大型ホテルではなく、15年前にボストンで初めて誕生した、63室を保有するブティックホテルと呼ばれるもので、内装もモダンでデザインに懲りまた、サービスを差別化することで高価格帯を保っています。顧客の半分はリピーターですが、それぞれの顧客の好みをしっかりと把握することに努めているそうで、スタッフは、大型ホテルではできないサービス、例えば、ゲストがみえたら、自分の家に初めて訪れる昔からの友人を迎え入れるようにもてなすことを求められています。一人一人にあったサービスをすることで、顧客は来るたびに”戻ってきた” ような感じがするのでしょう。
又、ボストン市内の概観はイギリスのようなトラッドな雰囲気がある中、このホテル内のモダンな内装もうける理由かもしれません。
高級なホテルでは”おもてなしの心” というのが求められるのは、海外でも日本でも同じようです。

ちなみにコンデナストトラベラーの読者ランキングをみると、大都市の誰もが知るような大型ホテルは全くはいっていませんね。旅行上級者?って感じのリストです。全米トップ10の中に2つマサチューセッツ、2つバーモントのホテルがはいり、3つはシカゴのホテルとなっています。

個人的にはバーモント州(日本ではなぜかバーモントカレーで有名ですが)がすきなのですが、ここは食材がおいしいですし、こじんまりしてこぎれいなリゾートホテルがいつくかあります。秋は紅葉がきれいですし、冬はスキーエリアもあり日本の高原のリゾートのイメージでしょうか、アメリカは広いだけに色々な側面があり、旅行者には楽しいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中