ハーバードアートミュージアム

ハーバード大学はいくつも博物館、美術コレクションを所蔵しているのですが、新しい ハーバードアートミュージアム が11月16日にオープンします。

中に入ると、真ん中は吹き抜けになって、ガラス部分も多いモダンなつくりです。photo 2 (2)
この美術館、3億5000万ドル以上かけて、改修、増築工事が行なわれ、4階建ての建物にはピカソ、ミロ、といったヨーロッパアートから江戸時代の日本美術、韓国、中国の陶器、仏教美術、アメリカの作家の油絵等3つのコレクションが一つの美術館に所蔵されています。地下はこぶりな映画館のようになっており、映像関係の作品もこれから上映されることもあるでしょう。それでも、所蔵している作品の半分も展示されていないというところがまたすごいです。
それにしても、ボストンでみる日本の美術品って、状態がよくて驚きます。(ちゃんとガラス張りで光が当たらないところとかにはいっているわけではないので、手をいれているんでしょうかね、以前にボストン美術館で行なわれた鎧の展示も状態がよくてびっくりしました。外国にでても大事にされているようで、うれしいですけど。)photo 1 (5)

作品を修理する場所もガラス張りで、今後仕事をしているところを近くでみることができるように、塗料や仕事道具も外からみえるようになっていますし、かなりオープンな感じですね。大学でこれほどの規模のコレクションが集まるというのはさすがハーバードという感じです。

これからの時期、ボストンでは寒くてなかなか外で楽しめることも減るので、こういった一日過ごせる美術館は貴重な冬の楽しみになりそうです。あー、カフェが隣接していれば、完璧なんですがね。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中