瞑想の効用

突然ですが以前から興味があった数日間にわたる瞑想のワークショップにいってみました。
瞑想といっても、お寺でするようなもの、新興宗教のようなもの、高額なセミナーなようなものと色々あって、興味はあったものの、なんとなく踏み切れないでいて、たくさんの本を読むだけで独学状態だったのですよね。。。

たまたま、結婚式で隣に座った方が引退された小児科医の方で、彼女が瞑想の会を主催しているというので、参加してみることにしました。
参加者も半分ほどは医師の方達だったのですが、そのせいもあってか、非常に科学的に瞑想が脳や体に及ぼす影響、効能を話されていました。
他の医師の方達も現代医療だけでなく、代替医療として、両方のいい部分をとりいれるという意味で、人に勧める前にまず自分でトライしてみたいという気持ちでこられていたようです。
一流のスポーツ選手や、会社の社長クラスの方達の中には瞑想状態になっている時の脳波の状態が日常も続いている人達がいるという話をされていました。

瞑想の効能は色々あるのですが、老化を遅らせたり、免疫機能の向上の他に、人が病気になるのは大抵がストレスが原因といわれますが、正しくいえばストレスにどう対応するかということで、瞑想をすることでストレスホルモンが減るそうです。日常生活ではストレスがあるのが普通の状態なのですが、ストレスに感じていたことを瞑想をすることでストレスとうけとらなくなるということでしょう。それによって病気になりにくくなり長生きをするということを指摘されていました。

瞑想といっても実は色々なやり方があるそうで、そのやり方によってどの脳波に影響を与えるかは違うそうです。
一日2回(15分から20分)、習慣づけると脳波もいい状態をキープすることができるようになるといいます。ただし、やめてしまうと、また元に戻すのに倍の労力がいるとのこと、まるで脳の筋トレですね。

色々やり方はあっても、先生いわく、やっぱり、無の状態になるのが一番シンプルで一番パワフルだということ。でも雑念がくるのは当たり前といわれて、ちょっと安心。

我を忘れるほど何かに集中すると言う表現がありますが、実は我を忘れて、まさに本来の自分に戻っているのかな、なんて思ったりしました。
人間の脳のしくみについてはこれから、ますます研究が進むであろう分野だと思いますが、瞑想というのは、何千年も前から行なわれており、科学がそれを追いかける形になっています。

”まず、自分の心の中を平和にすること、みんなそれそれの心が平和になれば、それが世界平和に繋がると思うのよ”
そんな彼女が教えてくれた瞑想の効用についてもっと知りたい方は、


超越瞑想 癒しと変容 精神科医が驚く効果と回復

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中