バトラーサービス、アルフレッド

今日は、今週はこれをしておかなければ、というTo Do Listというのは多くの人がもっていると思いますが、実際、日常の細々した、荷物の受け取りや配送、食料品や飲み物の買い出し、掃除をバッドマンにでてくるような、バトラーが管理してくれたら。。。女性が社会で働く時間が増えても(もちろん男性も!)、家事は誰かがしなくてはいけない、しかも疲れて仕事から帰ってきても更なるストレスが待っているというのを解消する為に女性がうみだしたバトラーサービスがアルフレッドです。
アルフレッドはハーバードビジネススクールの学生達が2013年に立ち上げたスタートアップですが、着々と規模を拡大しており先月200万ドルほど資金調達をしました。

アルフレッドは忙しい都会の人達には男女問わず需要があるということで本社をボストンからニューヨークのユニオンスクエアに移動しました。ニューヨークの市場は大きいですし、スタートアップが成長するにあたり、人材が豊富にあるということも理由だそうです。顧客には、忙しいビジネスマンからワーキングマザーまで、家事の負担を減らしたいと思っている人達がいます。サービスはボストンとニューヨークで提供しています。

顧客の細かい好み等を把握し、それぞれの人に応じてサービスをカスタマイズしていきます。全くバトラーと会わなくても、コンピューター(携帯)上のやりとりだけで、すませることもできます。
”家に戻ったら、新鮮な食材が冷蔵庫の中にあり、きれいにドライクリーニングされたものがクローゼットにかけてあり、サイズの合わなかった靴は返却しておいてほしい、と思っているのならアルフレッドはあなたにぴったりなサービスです”、とCEOのサポネさんは言います。

始めの難関は1ヶ月に100ドルほどかかるという固定費用だといわれますが、確かにアルフレッドの役割は専門業者と顧客の間に入る調整役です。家にきてくれるクリーニングやさんとか、宅急便の日時指定とかのサービスを使えば、日本ならこのサービスがなくてもなんとかなるかな?という気もしますね。ただ掃除に洗濯プラス子供の送り迎えとか、食事の用意が頼めたり、病人や怪我人が家にいるという時には安心できる誰かにトータルで任せられる留守番サービスとかがあると頼むほうにとっては便利ですよね。って、これってまさに主婦の仕事? 主婦には給料はでなくてもアルフレッドでバトラーとして働く場合は時給18ドル〜のようです。

関連記事
益々増える、商品やサービスをブローカーとして提供するサイト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中