今年印象に残ったこと

クリスマスが終わり本格的に春物が出てくる前のセールの時期になりました。日本だと1月のセールが終わり2月にはすでに春物が出回り始めますがボストンでは2月、3月に春物を買う気にはとてもなれないほど寒い日が続きます。

アメリカで正規の価格で物を買う人がいるのだろうか、というほど1年中、どこかしらでセールやクーポンがあるように感じてしまうのですが、じゃあ正規の値段ってなんの値段だろうと、考えさせられます。『物を買う』という行為も国民性がとても出る部分だと思いますね。

今年は世界10カ国くらい訪れることができそれぞれの地で印象に残ることがあったのですが、その一つを紹介したいと思います。
上海を訪れた時、観光客向けの偽物ブランドばかり売っているデパートのようなところにいきました。

そこは一見すると、フランド物を安く売っているデパート、という雰囲気なのですが、20年くらい前の上野のアメ横のような感じです。でも本物を知っている人にいわせると、全部コピー商品だということ。本当によくできているので、本物を知らなければ騙されます。しかも値札というものがついていないので、全て、値段は交渉次第。まあ、言われた値段より、安く買えればいいやくらいに思っていた自分は甘い甘い。。。

一緒にいた友人は欲しかったブランドのアイフォンケースをみつけ、値段をきいたら、アメリカで買うのとそう違いがなくありえない、と思い、店を離れ、同ビルにある喫茶店までいくと、後ろから店の女性が追いかけてきました。

店の人 『いくらだったら買うの?』(事前に30ドル程度(元からドルに換算済)といわれている)
友人  『そうね、5ドルかしら?』
店の人 『そりゃあ、だめだ、最終値段だよ、いくらならいいのかい?』
友人  『だから5ドルよ』
店の人 『しかたないね、10ドルならいいよ。』
友人  『だめよ、6ドルならいいわ』
店の人 『いや、8ドルだ』
友人  『じゃあ、7ドルね。』

ということで彼女はそのアイフォンケースを7ドルで買いました。その値段でもまだ利益がでるのでしょう。でも彼女は生まれて初めて中国にきて得た戦利品に喜んでいました。そして、店の人も私に向かって、『彼女、やるね〜』と賞賛のまなざし。(笑)

さて、もう一人の友人は電化製品店にあったマックブックエアーの電源アダプタに興味があり、やはり、値段をききましたが、買わずに喫茶店のほうにきました。案の定、店の人が追いかけてきます。

店の人『いくらならいいの?50ドルでどうだ?』
友人 『もういいよ』
店の人『なんだよ値段を言えよ。45ドルか?』
友人 『もういいって、どっちにしても買わないよ。』
店の人『何いってんだよ、40ドルにしてやるから買っていけよ。』
友人 『いらないって』

そこで、店の人は逆ぎれし、友人の耳もとで、『いい加減にしろよ、このアス⚪︎ール』
といって去って行きました。。。

さてさて、
・知らない場所の場合、すぐ話しかけたり、交渉しないで、様子をざっと偵察し、できれば値段の相場を確認する
・自分がそのものの価値をよく知っているもので、交渉する(本物はいくらのものなのかとか)
・なんとなくではなくて、本当に欲しいかどうか、考えた上で交渉

とまあこんなことを私なりに考えたわけですが、
しかし、そう考えると、ネット上で少し安めに売りに出ているものは、かなり偽物が多いのかと考えられますよね。。。

前述の彼女は、上海での経験は楽しかったけど、一つの買い物をするのに毎回こんなことをやっているのは疲れるから嫌だといっていました。確かに、買い物のプロセスを楽しめる人はいいけど、そうでないと、苦痛です。

そう考えると、アメリカのように正規値段があって、週末だけのキャンペーン10%オフ(例えば)価格があり、ブラックフライデーの50%オフという相手が勝手に値段を下げてくれるというのはある意味受動的なわかりやすい値段付けともいえます。もっとも自分で商品を選ぶことはできませんが。

しかし、中国人がもし日常的にこのような交渉を全ての消費財で行っていたら、、、そりゃあ商売かないませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中