不景気を乗り越えアメリカの消費者行動は変わった?

アメリカの郊外にある大きなショピングモールはアメリカの消費社会を象徴しているようにみえるのですが、だんだんなれてくると、その大きなものがそれほど大きくないようにみえてきます。それはたぶん、単に箱が大きい(廊下とか、スペースの使い方に余裕がある)ということもあるのですが、どのモールも大体同じブランドが入っていて、同じようなものを売っているのがわかってくるからなのでしょう。それでも、平日ガラガラ、もしくは老人の散歩ルートになっているようなショッピングモールが、週末やクリスマスなどのセール、イベント時期には人でいっぱいになります。

結果的には2014年のアメリカ経済はよかったといえそうです。2007年に入ったリセッションからずいぶん消費者も戻り、物を買うようになったといいますが、以前の消費行動とは変わったということが コンシューマーリポート によって発表されました。
車の購入に関しては調査をしたうちの46%の人が去年、新車もしくは中古車を購入した、又は今年中に購入すると答えています。実際に走っている車の古さというのは平均すると、2007年は9.9年だったのに11.4年になったということで、多くの人達が車を買い換えても1台を長くのるのか、そもそも、古い車でも十分走れるので、昔だったら廃車にしたものでも、使う年数が伸びたともいえそうです。

不動産市場も徐々に戻ってきています。12%の人々が去年家を購入した、もしくは 購入するといっています。

それからアメリカ人のお金の使い方が現実的、倹約的になっているという例がいくつかあります。
41%の人が美容院に以前よりも頻繁にいかなくなった、43%が大きな旅行を控え近場、もしくは家で休暇をすごすと答えています。

又、回答者の半分ほどがこの数年食費にかける費用があがったと答えています。これは48%の人が昼に外食せずに弁当、ランチバックを持参するようになった、ということにも反映されているようですね。
実際、BENTOの文字をよく見ます。アメリカではBENTOで通じることも多くなってきましたが、BENTOもとうとうインターナショナルな日本語の仲間いりしつつあるのでしょうか。

経済状況が少しよくなることで家族を持とうと検討する人達が増加又、消費財についても家族みんなで使えるものを買おうという傾向にあるそう。
しかし、いろんなところで倹約したとしてもアメリカ人が諦めないものは、テレビ、サテライト、Netflixやプレミアムのケーブルなどに代表されるホームエンターテイメント商品ということで、38%の人たちがそれらを固辞すると答えています。

ということは、家で楽しめる物は景気に関係なく、売れるということでしょうか。iPadや、携帯とかは実際、お金がかかる部分だと思われるのですが、携帯関連のアプリとかそういったものも、景気にあまり関係なさそうですけどね。
不景気を乗り越えて、大量生産、大量消費の使いすて社会から、経験型、身近なところで生活を楽しむ、というほうに消費行動が変わった事はこれからの商品企画にも影響を与えると思われます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中