子供に言うことを聞いてもらいたかったら、文字で読ませた方が効果的

2011年〜2014年にかけて数百人の子供達を対象に、ボストン大学教育学大学院の准教授等が行った研究によると、子供達、特に文字がやっと読めるくらいになった3歳〜6歳児の子供達は口頭で指示されたことよりも文字としてかいている事に従う、ということがわかりました。
http://www.bu.edu/today/2014/want-children-to-listen-write-it-down/

この傾向は、書いてあるものを読んで行動する大人の行為(例えば、レシピをみて料理をしたり、交通標記に書かれているものを読むといった行為)をみることで影響を受けるのではないかという指摘や、特定の誰かがいうことよりも、標記されているもののほうが一般的なものとして、従いやすいということなのでないかという指摘もあります。

きく、というのはどうしても受動的なことで、読むというのは多少なりとも能動的であり、小さい子供にとっては特に一生懸命読むわけですから記憶にも刻まれやすいということなのかな、とも思ってみましたが。XXしてはだめよ、とかいうのも、XXしてはいけない、という文書を声にだして読ませた方が効果的ということらしいです。これは大人でもわかる気がしますね、音読したほうが、情報として記憶として残るような気がします。

研究によって書き言葉が若者にとってかなりのパワーをもつということがわかりましたが、オンラインの情報源が信頼できるものかどうかをどのように選別していくのかということに関していい指針がないことを准教授は危惧しています。

アメリカの学校では、中学、高校になるとコンピューターなしでは宿題の確認もできないような学校も増えています。クラス全員にiPadを支給したり(学校内での使用のみ)何かを調べるにも昔と違って、ほとんどインターネットでやる学生が多いでしょう。

しかしこれは情報を探すときの大人にも同じようなことがいえるわけで、どのソースをとるのか、それは正しい情報なのか、といったリテラシーの問題は学校教育の現場にいる先生方も本当のところ手探りなんではないでしょうかね。。。
大人でも、その辺の個人差というのは広がっているのかなという気がしますし、過去の検索の履歴や個人の行動から同じ検索ワードをいれても、結果が違うということになると、グーグルのような検索エンジンに支配されているような気がしないでもありません。

以前、アメリカの中学校の歴史の先生が、歴史の年代や史実等Wikipediaも含め、ちょっと検索すれば出てくるようなことは授業では大きく扱わず、それより、史実の背景や、例えば同じ事件を新聞が扱う場合でもどうして数社の報道のされ方が違うのか、どう違うのか、それはなぜなのか、といったことを考察していくという話をされていたのを思いだしました。そういった、一つのものを色々な角度からみることができるということは個々が見つけた情報をどう判断するのかといった情報リテラシーを上げていくことにつながるのではないでしょうか。

関連記:
中学校での教育にiPadはどれだけ大切?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中