ボストン市が考えるイノベーションエコノミーを牽引する為の市の役割

アメリカ経済を前にすすめているもの、それはゼロから何かを作り出すダイナミクスですが、これは企業、大学、個人ベースだけでなく、それを支える市や州も大切な役割を果たすべく今年で2年目に入るボストンのウォルシュ市長は、去年から、起業家、ベンチャーキャピタリスト、教育関係者達に、ボストンがニューヨークやサンフランシスコとどう差別化を図りイノベーションエコノミーを牽引していくのかということについてヒアリングを行ってきました。シリコンバレーに比べ、ボストンのほうが、人も企業、社会も協力的で、”協働”というイメージを持つ人々も多いです。

ボストン市内にのみならず、周辺地域のスタートアップ、イノベーションエコノミーも一緒に促進するために、市はStartHubを立ち上げることなりました。ボストン市内に限らず、周辺地域のスタートアップのプロモーション、ネットワーキングイベント等を開催していく予定です。
個人的にもアメリカは自由な国というイメージがあったのに、意外に規制が多いということは感じます。現地の人達は、9.11のあとに特に厳しくなったといいますが、ビザの問題を初めとして、食品に関する規制や販売に関する規制など様々な市や州が許可をださないとできないビジネスの分野というのも多くあります。特に、スタートアップの分野ではそういった法規制のグレーゾーンでビジネスをやろうとしている場合、明らかに許可が必要な場合、どこに相談したらいいのか、誰がキーパーソンなのか、わからないことが多いということで市としては、そういったスタートアップが成長するのを助けるために特に市が許可を与えなくてはならないような分野を重点的に(そうでないものも含め)メンターを紹介したりすることに力をいれると発表しました。

市のほうからの働きかけで、イノベーションエコノミーを牽引するためにできることを積極的に考えていくという姿勢はアメリカ的なんでしょうかね?日本の公的機関の方と以前話した時に、日本の場合、民間が先にいっていていて、それを公的な機関が追いかける形になることがほとんどだといっていましたが。顧客目線、この場合はお客さんはスタートアップということですが、で自分達の役割を考えるということは公的機関にも是非とりいれてほしい部分ではないでしょうか。

関連記事:
イノベーションエコノミーをどのように育てるのか   −ケンブリッジ市の成功例から学ぶ−

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中