将来の食べ物は3Dプリンターから生まれる?

日本のフリーズドライの離乳食で、通常は固形なのですがお湯を注ぐとちょうどいい柔らかさになって暖かく食べられるというものがあります。それをみた外国人が以前、宇宙飛行士の食べ物みたいといっていましたが、軍隊の食べ物もかなり特別なようですね。

冷蔵保存しなくても数ヶ月間保存できる肉、(薄く伸ばしたジャーキーのようなもの)過酷な環境、極端な暑さや寒さでも耐えられるようなものでしかも美味しいものという条件を満たすためにNatickにある軍の研究開発エンジニアリングセンターでは、いつも、研究が行われているそうです。Beta Bostonによるとこういった新しいメニューの開発には、意見を正直にいってくれる若者達に味見をしてもらうのはとても重要なプロセスであるといいます。これまでに6が月間38度以上のところや3年間冷蔵できなくてもおいしいもの、小麦粉無しで3年間保存できるパン、水を数滴たらすだけで、10分後には暖かくなる食事、ベジタリアンのためのメニューなどを開発しています。

現在はMITのリンカーン研究所と共同で、食品を3Dプリンターで作る技術の開発、まず離乳食からはじまっています。
そして、軍用の食品開発はNASAのように宇宙空間で長期滞在しなければいけない人達の為の食料にも通じるところがあります。軍用の3Dプリンターで作る食品は”長持ちさせる”という工程が必要だということ、一方NASAの食品の場合は、それが皿にくっついてるのか、飛んで行ってしまうのか、といったことも重要になってくるそう。

なんだか話を聞いていると、どうやらもう食品をある意味超えている感じがしますね。。。アメリカの食物生産の仕方をみていると肉もそうですが、動物の命をいただくというよりも、”食品”という名の製品を生産している感じがあります。将来の食の大量生産というのは一部はそういう方向にいってしまうんでしょうか。もっとも、こういう技術は日本のように自然災害の多い国では備蓄用の食品の為にはとても役に立つのではないかと思います。NASAの場合、このテクノロジーは火星へいくミッションの為の宇宙飛行食にしたいということです。

関連記事:
医療業界に進出する3Dプリンター

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中