女性が少ないテック産業

テック産業の中でも、特にプログラマーとして仕事をする人達というのは圧倒的に男性が多いようですね。アメリカでもテック産業はダイバーシティーが進んでいない産業といわれているようですが、
雇用に関しても、男性が応募してくることを意識している場合が多いことや、事務所の作りもその傾向があります。
数少ない女性のプログラマー達も、見えないプレッシャーを日々感じているそう。たとえ、コンピューターの分野を勉強したとしても、その道で成功しているロールモデルが少ない為に、それ以外のキャリアを選んでいる女性もいるのではないかという指摘もあります。確かに、あまりに女性が少ない職場だと、なんとなく、居心地がよさそうには思えないかもしれません。

Beta Bostonによると、労働統計局の調べでは米国内のコンピューターサイエンスに従事するうち女性は26%で、大学でコンピューターサイエンスを専攻する女性は国立教育統計センターのデータでは1985年は37%だったのに2012年には12%に減っているそうです。
実際、中学生くらいから数学が得意な子達と、言語系が得意な子の差というのはどんどん大きくなってきて、学校で苦手意識を植え付けられるとますます、できなくなるという声もききます。

学校だけに頼らず、社内での取り組みも重要になってきています。インテルは今月から3億ドルをかけて女性とマイノリティーの人達を教育、トレー二ングすることになりました。また、グーグルではテクニカルな関連の仕事をしている女性の割合は17%、会社の管理職の21%は女性といっています。

確かに、男性的なイメージがありますよね、プログラマーって。。。
一般的には女性はどちらかといえば男性よりも誰かとコミュニケーションをするのが好きというタイプが多いと思われますが、プログラミングの世界はどちらかといえば、黙々と作業することが好きな感じがするからでしょうか。女性が少ないのは、投資家の世界もそうですね、CEOや経営メンバーに女性が入っていると投資されにくいといわれますが、逆に女性が作った会社、もしくは女性が経営陣にいる会社に重点的に投資してくれる投資会社とかあると、女性のプログラマーにも違った選択肢も広がりそうです。

関連記事:
理系女子を育てる取り組み
女性のビジネスオーナーの資金調達に関しての分析

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中