大気汚染が妊婦に与える影響

アメリカの公立の学校は知的障害を含め、その他障害がある子供達も普通に学校に受けいれます。そのせいかどうか、ADDやADHA、自閉症の子供達も多いなあ、と思っていたところ、実際自閉症というのは増えているようです。1993年から2003年の10年間で,米国教育省による全米の自閉症罹患率の統計値は657%の増加を示し米疾病対策センターが親を対象に行った調査で、児童の2%に当たる約100万人が、何らかの自閉症と診断されたことがあると分かったということです。日本の国立成育医療研究センター研究所による2010年の自閉症の環境要因に関する調査で、日本でも自閉症が増加傾向にあるということが述べられています。これは自閉症の定義というのが広範囲になっているということも理由にあるようです。

そんな中、ハーバードガゼット12月23日2014 には妊婦と大気汚染と自閉症の関係を全米で初めて調べた研究についての記事がありました。

ハーバード大学公衆衛生大学院の研究によると、粒子状物質(PM2.5 とか10)によって大気汚染がひどいところにいる妊婦は、(特に妊娠後期に)そうでないところですごした妊婦よりも子供が自閉症になるリスクが倍ほどあるということがわかりました。妊婦が大気にさらされているほど、そのリスクは高くなるそうです。

妊婦は食べ物に気をつかったり、喫煙は胎児に影響があるからやめたほうがいいといわれていますが、やはり大人にとってもいいことではないことは胎児にはますます大きな負担になるということなのでしょう。心身共に健康な子供を育てることができるということが、実はそんなに簡単なことではなくなっている、という気がしてきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中