伸びているギフトカード転売市場

いろいろなショップでギフトカードというのを扱っています。よく好みをしらない人でも家族がお世話になっている場合や節目、節目に仕事の関係者にも何かしら差し上げたい、といった時にはギフトカードのようなものはとても便利です。スタバにターゲット、本屋にレストランと、大抵のものはそろっています。ところが、カードって意外にもっていることを忘れてしまったり、たまたまその店に入った時にはもっていなかったりと、使っていないでそのままになっていたりしますよね。。。使いかけだけど、捨てるに捨てられなくなっているカードを売買する市場がここ1年間で3倍以上になっているというニュースがありました。

そういったカードを売買できるサイトは例えば カードプール ギフトカードグラニー  ABCギフトカード レイズとあるのですが、レイズは10億ドルの価値がある会社といわれ先月5600万ドルを資金調達しました。
こういった転売市場のビジネスモデルは簡単で、仲介会社はギフトカードの価値の80%で買取、87%くらいで売る、ネット上の金券ショップですよね。そして購買されるのは9月〜11月が多く、クリスマス後の12月から1月には売る方が多くなるということ。供給量が増えれば、ディスカウント率も高くなるそうです。

過去4年間、”sell the giftcards”という言葉が12月にグーグルで一番検索される言葉になります。そして、ギフトカードグラニーではその後通常の10倍ほどのカードが入ってくるそうですが、あっという間に売られていくそうです。

確かに、換金性の高いカードをもらうほうが、趣味にあわない服とか、雑貨をもらうより、ましなような気がしないでもないですが、実は日本の冠婚葬祭の時に渡す現金というのが一番合理的な気がしてきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中