小麦製品をとらないことは健康的?

以前グルテンアレルギーのある人を日本でアテンドするのに、食事で苦労したことがあります。それまで私も知らなかったのですが、醤油も小麦粉を使っているし(たまり醤油は別)加工食品のいたるところに小麦がはいっています。和食のほうが、大丈夫そう、と思っていたのに、和食も大変でした。

そういう心配はアメリカではあまりしなくていいようで、大手のスーパーにいけばまず、グルテンフリーコーナーの冷凍食品は充実していますし、粉類のところには専用のパン粉やケーキミックスもたくさんあり、本屋には専門のクッキング雑誌、本、レストランのメニューにもグルテンフリーのものは結構あります。しかし、実際小麦アレルギーのある人以上に小麦製品をとらないことが健康にいいと思ってやっている人たちが多いということがコンシューマーリポートの結果でわかりました。1000人以上を対象にしたこの調査では63%の人たちが小麦食品をとらないほうが体調や精神的に良くなると考えているといっています。(ボストングローブ2月15日)

一方、マスジェネラルホスピタルがアレルギーの人以外が以下の理由で小麦粉を避ける理由がないということを述べています。

・ グルテンフリーのほうが栄養価が高いわけではない(むしろ低いかもしれない)
多くのグルテンフリーの食品には葉酸や鉄分は含まれず、かわりに砂糖や油脂が加えられている。
・ 2012年の調査ではパッケージ済みのライスパスタやクラッカーなどからヒ素が検出されている
・ 体重が増えるかもしれない
多くの人が小麦粉をとらないことで痩せると思っているが、多くの場合、追加されている砂糖や油脂の分でカロリー摂取過剰になりやすいと指摘。
・ 値段が高い
ほとんどの製品は倍の値段かそれ以上の値段である。

結局、このグルテンフリーの食のスタイルはある意味ファッションのような要素もあるのかもしれません。

実際、うちの近所にも、健康にすごく気を使っている人がいるのですが、彼女がここ数年小麦製品をとらなくなったらすごく調子がよくなったといっています。病は気から、ではないですが、自分がいいと思ったことをするのが結局、自分の健康状態をいい状態にするのでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中