大雪はインフラ整備をし直すよいチャンスになり得る?

今年は本当によく雪がふります。すでに観測史上3番目に多い積雪量、記録を塗り替えそうな勢いです。

雪が降っている時よりもむしろ、その後の晴れたときのほうがよっぽど寒いのですよね。。。特に風が強く吹くと体感温度が5度から場合によっては10度近く下がるようです。風をあまくみていると、非常に危険です。

IMG_雪ケンブリッジ

写真をみると道の両脇にある雪の山のようなものなかに車が埋もれているのがわかります。

この雪はボストンの交通機関を麻痺させます。車道もそうですが、予算の都合上、古いシステムを使っていた地下鉄もトラブル続き、学校も休講が続きました。職場にいこうにも足を確保できない人達、また飲食業はかなりの打撃をうけました。

日本でも、ヨーロッパの雪の多い地域でも、雪のために学校がこんなに休講になるというのは珍しいと思うのですが、雪のために歩道が確保できず、歩道を作っても、どかした雪が壁のようになり、視界を遮りそれもまた危険です。これだけの雪がふっても車もウィンタータイヤが義務ずけられているわけでもないので、運転する本人だけでなく、周りも危険です。

不思議なのは、もともと、雪もそれなりにあり、冬も厳しい地域だということはこの数年に始まったことではないはずなのですが、なぜここまで、混乱するのかということです。

予算がない、というのが大きな原因のようですが、ここで感じるのは、アメリカというのは ”公” ということにやはり重きを置かないということでしょうか。インフラや教育、健康保険といったものは誰もが公平に恩恵を享受するべきものだと思うのですが、ある特定の人たちではなく、不特定多数の人が恩恵をうけるものにお金がでないのはとても残念に感じます。同じようなことは道路にもいえて、この雪で道路も穴だらけになっていますが、その穴もその部分だけを修理ということをしていますが、道路を作る時に、はじめから考えて全部きれいにすればいいのにこれも予算の関係なんでしょうか。それでもここの人達のインテリジェンスを使えば、解決策は比較的すぐにでるでしょうに、と思うのですがね。。。

考えれば考えるほど、日本のインフラは本当にすごいなあ、と。しかし日本の問題はこれからそのはりめぐらされたインフラをどのように、いい状態にキープしていけるのかでしょう。

ボストンは2024年のオリンピック開催地に立候補しています。これがインフラ制度の見直しを抜本的に考えるよい機会になるといいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中