入学が難しくなっているボストン大学

ボストン大学は、数あるボストン周辺の大学の中でも学生数約17000人のマンモス大学です。その大学がここ数年、ますます出願者が増え、一方入学受け入れ数が若干減っていることから入学しにくくなっているようです。

ボストンビジネスジャーナルによると出願者の入学率が2010年の時点では58%でしたが、2014年には34.5%にまで下がっています。同時に、受け入れる学生のSAT試験のスコア(満点2400点)も2010年の1911点から1945点にまであがっています。新入生の内訳はマサチューセッツからの学生15%、ニューヨークから12%、カリフォルニアから10%、その他のアメリカから62%、そして約4分の1にあたる23%が外国からの学生です。

Screen Shot 2015-02-23 at 11.04.25 AM
この5年間に学費も15%上がり、寮費を含めると、現在6万ドルかかります。

大学院の学費も学部によって差があるのですが歯科医になる場合、年間67000ドル、医者になる場合の53894ドルより高額ですが、ロースクールの場合は46000ドルとなっています。去年の10月には大学の寄付金は16%も増え、15億ドルを超えました。

大学経営の戦略というのが、大きく2つに焦点を絞っているのがわかります。
一つは外国人を多くうけいれることで、一定額の収入を確保すること、(学校側の奨学金の負担が少ない)もう一つは、財団や卒業生からの寄付金で財政面を安定させること。

レベルの高い学生達を多く教育し、卒業後、母校に寄付という形で多く寄与してくれるような学生達を育てられるか。いくら経済的に成功していたとしても、実際母校愛のようなものがないと、また大学側のファンドレージング力、コミュニケーション能力が高くないとなかなか、多額の寄付を集めるのは難しいです。

アメリカの大学生やその親は自分のいる大学、自分の子供のいる大学を誇りに思っている人達が多いと感じますが、それは、大学側が親も含め、学生たちにも連帯感、仲間意識、この大学でよかったなと感じるように、様々な努力をしているからというのもあると思います。

そのような視点でみると、学生を大量にうけいれつつもレベルをあげているボストン大学の方針は成功しているといえそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中