長時間労働でストレスが増えるほど、お酒の量が増えるという話

日本人は普段は口数が少なくて、おとなしいのに、お酒が入ると、豹変するという、外国人による発言を度々耳にします。
緊張感やストレスがアルコールで解消されるのでしょうか。飲み過ぎというより、お酒に飲まれてしまう人達をみるのは気持ちのいいものではありません。
とくに次の日、本人に自覚がないならなおさら。。。

BMJ(ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル)によると、フィンランド労働衛生研究所の研究では長時間労働は、アルコールの多量飲酒につながる可能性をあげるとの報告がでています。(ボストングローブ2月27日)1週間に49時間以上働く人は12〜13%ほどアルコールの多量飲酒が習慣になるリスクがあがるそう。飲み過ぎというラインは女性の場合、1週間で14杯以上、男性の場合は21杯以上ということです、これって結構な量のような気がするんですが。。。

そもそも長時間労働する人たちはストレスが多く、睡眠障害があったりもします。それらの症状をアルコールでなんとかしようと試みる人たちが多いというのはありがちかもしれません。
ギャラップ社の調査ではフルタイムで働くアメリカ人の平均労働時間が49時間、そして半分以上の人が週40時間以上、そしてその40%の人たちが少なくとも50時間働いているといいます。
ボストン周辺にある、スタートアップをみてみると、1日、12時間くらい働いている人達はざらにいると思いますが、確かにスタートアップが集まっているコ・ワーキングスペースの中にはアルコールが常備されているところもありますね、夕方からのイベントで1杯のんで、2時間後にもう一度部屋に戻って仕事をするということもあり得ます。
この調査は世界9ヶ国で行われており、長時間労働と多量飲酒の関係は国や性、年齢、社会経済的地位には関係はないようです。

そもそも、長時間労働は飲酒だけでなく、他の健康リスク、糖尿病や循環器系の問題を引き起こす確率が高まるといいます。労働時間厳守に厳しい、ヨーロッパからしてみると、週50時間以上なんていうのは(EUでは最長48時間)問題外ということになってしまいますが、働くのが好きで長時間労働している人達にとってもストレスになるんでしょうかね?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中