若いから大丈夫とはいえない、心臓発作の話

イエール大学の研究によると、30歳から55歳の女性を対象に調べた結果、その年齢の女性のほうが男性より、心臓発作のサインを見逃すことが多いということがわかりました。

アメリカでは毎年55歳以下の女性15000人が心臓発作で亡くなっており、その年齢のグループにおける死因のトップになっています。
家族に、心臓疾患をもっている(た)人がいたり、その他生活習慣等の危険因子がある場合、自分が若いから心臓発作の心配がないとは思わないでほしいとイエール大学の公衆衛生の研究者が警告しています。

実際、痛みや目眩などの心臓発作の兆候がでているのに、患者の多くはそれを心臓発作と認識していない場合が多いそうで、特に30歳から55歳の女性の場合、仕事や家庭の両立等で、社会的にも複数の役割をこなさなくてはならず、ストレスが多く、自分のことがついつい後回しになりがち。自分の為に病院にいくのは本当にどうにもならなくなってからになってしまいます。
これは同じ、イエール大学がおこなった別の研究(性差によるストレスレベルの違い )でも明らかになっているのですが、若年、中年の女性のほうが同年代の男性よりもストレスが多い状態であり、一度発作を起こすと心臓発作から回復するのも時間がかかるという結果がでています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中