医者とチャットができるアプリ、Firstline

医者に行くまでもないけど、ちょっと調子悪いなあとか、足が痛いのが続くとか急を要するわけではないけど、病院に行くべきかどうか迷うような状態って日常的に結構あって、大抵の場合、もう少し様子を見ようとそのままにしておくこともあると思います。
夏のキャンプに出さないといけない子供のための健康診断や花粉症のように原因のわかっている場合、わざわざアポをとって普段かかりつけの医者にいかなくても、アージェントケアのようなサービスや薬局が行うminute clinicに行けば、時間も節約できる、ということもあり、そのような分野はビジネス的にもかなり成功しているといいます。

しかし自分のことなら自己管理ですが、口のきけない子供の場合となると、ますます心配になります。
アメリカは医療費用が高いので病院にいったらいったで、請求書の額に驚いてさらに他の心配がでてくることもありますよね。

そんな時にちょっと電話で相談できたり、もし相談してやはり見てもらいたい場合医者が来ることも可能というサービスを提供するアプリがFirstLineです。

立ち上げたのはハーバードビジネススクールの卒業生ですが、先週ボストンとサンフランシスコでサービスが始まりました。ドクターのUBERと言われるこのアプリ、テキストメッセージ、テレビ電話でのやりとりや、家に来てもらうこともできます。

現状は20人程度のカリフォル二ア在住のドクターたちが契約をしており、朝8時から夜10時まで連絡ができますがこの夏からボストンのほうでもサービスが始まる予定。
サービスを本格的に始めるテスト期間のうちで一番聞かれたケースは子供が生まれたばかりの母親からの質問で乳児の授乳、栄養、寝る習慣に関わることでした。

確かに口のきけない乳児の場合、何が普通で何が普通でないのかはよくわからず、不安なことも多いと思います。そんな時に、最悪はきてくれるというドクターがいれば安心しますよね。

一般の病院でも検査の結果をメールで送ってくれ、電話で話しをするところもありますが、このサービスの場合はドクターが契約ドクターなので、毎回ログインするたびに違う医者にコンタクトをする可能性があるということです。

全ての会話は暗号化されるので会社はデータにアクセスすることはできません。家に来てもらう場合は最低199ドルからですが、これは現状保険がききませんが将来的には保険の対象にしたいということ。

問題は、毎回ログインして違う医者と話すということで将来的にどうやって情報を共有することになるのか、そして、家庭に訪問を希望する場合の患者は大抵の場合、複数の問題を抱えてる場合が多く、専門家に診てもらう必要があります。すると金銭的な負担も多くなり、かなり、富裕層に限られたサービスになるのではという指摘もあります。
それにしても、とりあえず早急に問題を解決したいという場合には解決策になることは確かなようです。

バトラーサービスに、ランドリーサービス、夕飯の調理。。。なんでもスマホにアプリがあれば解決できる時代の到来のようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中