増え始めるシニア向けの大学講座

平均寿命が延びたことで、いかに健康に長生きするのかということが重要になってきていますが、それと同時に、元気な高齢者が増えて、60歳過ぎの人の為の様々な市場というのも、活性化しています。
35歳をすぎると転職が難しくなるという話がある一方、50代になって新しいキャリアを始める人、60代をすぎてからコンピュータにチャレンジしたり、定年してから起業したりと、人生設計の個人差というのがますます大きくなっているように思います。

定年前に準備を始めて、早期退職して新しいキャリアを歩むという人たちも増えています。アメリカの大学でも、50歳代、60歳代の教育市場というポテンシャルに注目し始めた話がボストングローブの4月3日にありました。アメリカのコミュニティカレッジというのは地域に根ざした、2年制の短期大学で比較的学費もかからないことから、ここで2年学習してから4年生の大学に編入する若者達も結構いるのですが、そんなアメリカコミュニティカレッジ連盟が50歳以上を対象とした、コースを提供し始めました。もし、オバマ大統領が提唱しているように、コミュニテイカレッジの学費が無料化されると、一気に人が集まる可能性もあります。
現状では生涯学習ということでMOOCSや一部の大学では、単位や学位を必要としない人たちには無料でコースの受講ができるようなものもありますが、なんらかの資格や学位をとって、新たなキャリアやビジネスチャンスを目指す人も増えています。

ヨーロッパでも、40歳過ぎて新しいキャリアをしていたり、60歳過ぎた女性が高齢者対象のジムクラスの先生になった例をみてきましたが、そういった例をみていると、受け入れ側もあまり年齢を気にしていないということと、必要なのはスキルだけではなく、その後それをどう市場に売り込むかという能力もかなり必要になるような感じがします。

ハーバード大学は2009年より、アドバンストリーダーシップイニシアチブという、定年後を見据えた50代、60代の人たちがNPOの分野でリーダーシップを発揮できるようにするための育成プログラムを提供しています。スタンフォード大学も似た様なプログラムを提供していますが、62000ドル(ほぼ700万円)かかるということで、なかなか誰もが取れるコースではなさそうですね。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中