ピューリサーチによるティーンエージャーのソーシャルメディアの使い方についての調査結果

ピューリサーチによると、ティーンエージャーのソーシャルメディアの使い方は性別によって、また家庭の所得階層によって違うとの結果がでました。

13歳から17歳のティーンエージャーの92%は毎日ネットにつながり、24%はほぼ常につながっている状態だといいます。これはスマホが発達したというのが大きな理由の一つでありますが、73%がスマホを持っている一方、12%はどんな種類の電話ももっていないといいます。

ネットにつながって何をしているかといえば、大抵の子たちは友達と会話しているということですが、調査によると71%がフェイスブックを使っていて半分ほどがインスタグラム、41%はスナップチャットを使用しています。若者がフェイスブックから離れているといってもまだ、一番使われているソーシャルネットワークといえます。そしてフェイスブックは男子のほうが人気があり、女子はビジュアル系のインスタグラムやスナップチャットのほうを好むそう。

また調査ではどの種類のソーシャルメディアを使うかは家族がどの所得層に属するかによってきまるということがわかりました。フェイスブックは年の所得が5万ドル以下の家庭の49%の子供達が利用し、所得の高い層からは37%が利用しています。一方、スナップチャットは所得の高い層からの利用の方が多いといいます。

又、女子のほうがソーシャルメディア依存度が高く、男子はビデオゲームやゲームアプリにつながる事の方が多いそうで一般的にも女性のほうが男性より、ソーシャルということを考えるとすでにティーンエージャーでもその傾向がでているといえそうです。

アメリカではメールやメッセージの返信のスピードがかなり早く、常にオンラインでいることを求められているような気がしますが、家庭の中で父親が朝起きた瞬間からメールをみるような生活をしていると、現実的には子供につながるなといっても、難しい状況のような気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中