大学が特色を出すために力をいれていること

ボストン市内及び、その周辺には60もの大学があるといいますが、それぞれに特色があり学生を惹きつける理由や、大学側が学生を選択する基準というのは学校によって違います。

都会の大学がいいのか郊外がいいのか、勉強重視か、スポーツ重視か、企業とのパイプが太くインターンシッププログラムのような実務的なプログラムが充実しているか、就職率はどうか、外国との連携に強いか、ダイバーシティについてはどうか等、判断基準は学生によっても色々違いがありますが、外から得られる情報と実際に学生や学校の人と話したり、自分の目でみると全然違うものが見えてくることも多々あることに驚かされます。

アメリカの大学は、学生を獲得するために企業がセールスに使うようなプロモーションビデオに、実際の学生を使ったカレッジ ツアーと様々な情報を提供してくれるわけですが、最近の傾向として、次の2点は多くの学生が望み、また大学が力を入れているように感じます。

・ 学生にできるだけ、大学にいる間にインターンシップや実践的な教育の機会を提供する 
・ 外国での経験を積んでもらう

インターンシッププログラムの中には6カ月間に渡るもので、単位の代わりになるものもあり、卒業後そのインターン先に就職する学生が5割を超えるプログラムもあります。
しかし、アメリカの場合、インターンシップにしても海外経験にしても、休暇を利用した数週間程度のものが多いように思います。これは学部生の時は広く浅く、というアメリカの大学の特性なのでしょうか?ヨーロッパの場合は学士をとって大学院に進む前に半年から数年かけて、インターンシップ及び、海外生活をする学生が多いです。計画的にやると数週間の場合より、かなり充実したものになる可能性が高いのですが、短期にあれもこれもみるというわけではなく、どっしりと一つのことに力を注ぐわけで明確にこれがしたいという意思がないと、とりあえずやってみる、というのにはハードルは高いかもしれませんね。

長期のインターンシップの場合、企業がインターン用に組んだプログラムを学生が受動的に取り組むというわけではなく、意欲のある自発的に動ける学生を企業側も望んでいることが多いです。
若者の就職や、インターンシップの場合、親のコネが影響力を与えるというのはどこの世界も同じようですが、採用担当者は、やはり、いくら親に頼まれても、学生のプロフィールが合わない場合はうまくいかない場合が多いといいます。

それから、アメリカで外国語を学ぶというのはとても難しいです。だから数週間でも外国に滞在して外国語、及びその文化に触れるというのは学生にとっては貴重な体験になるでしょう。

ボストン大学

ボストン大学

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中