自分に合った大学か確認する為に入学する前に大学を訪れてみよう!

大学では、学生がよく高校生のために大学構内を案内していたり、ハーバード大学では、観光客相手にも大学のツアーをしてくれます。

実際入ってみたら校風が合わなかった、とかイメージしていたものと違ったといったことがないように、合格通知をもらってからも、もう一度確認するために学校を訪れる学生も多々います。敷地内の芝生に1時間座って学生をみているだけでも、かなり、色々わかります。せっかく勉強して、それなりのスコアをだして、大学に入ったものの、校風になじめず、1年で退学しもう一度アプリケーションをし直して、他の大学に入った知り合いがいるんですよね。。。時間もエネルギーもかなり使うことになり、見ていて本当に大変そうでした。外国からアプリケーションをだすとなるとなかなか実情は見えないものですが、留学先を決める前に一度見学してみてくださいね。学校との相性は相思相愛でなければ、成り立たない恋愛関係の感じに似ている?自分の求めるものと大学が求めるもの、双方が一致すると、充実した学生生活が送れそうです。

学校を見学しているだけで初めて出会った教授と個人的な話しにまで発展するというのはまあ、そんなに起こらない事のように思いますが、それでも自分の足を使って行動してみると、思わぬ出会いがあったりするものです。
世界で一番高いと言われるスーパーボールの30秒の宣伝枠、その広告を作ることに携わっていた大学の教授と話をする機会が偶然あったのですが、彼は大学で教えていると、創造性というのはアメリカの公立の高校にいたら育たない、と感じる事が多い、という発言をされていました。アメリカの公立校のテストは暗記が多く、自分がクリエイティブだと感じることもないし、それを育てるような教育がなされないことを残念に思っていました。

先日のドイツ人留学生の発言にもありましたが、暗記が多く、パターンをひたすらこなす。。。なんだか日本の学校のようですね。

あれあれ?でも、どうしてアメリカでは新しいことがどんどん、生まれてくるのでしょうか。
それはダイバーシティーと、トライアンドエラーを許す文化、そしてやはり、レベルのある程度高い学校では、大学での教育が少人数で参加型、授業で寝ているなんてことはあり得ないという生活を4年間するということがあるのではないでしょうか。

前述の教授は、”大学の授業では正解のないことをどんどん、きいていくよ。そしてそれぞれにそれなりの答えをだしてもらうんだけど、でもどうやって、っていうのは誰も教えてくれないよ!”

こういった生の声をきけるよさが、実際大学を訪れてみることにあります。

関連記事:
ドイツ人学生が語るアメリカの学校とドイツの学校での勉強の仕方の違い

ボストンカレッジ

ボストンカレッジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中