あんまり幸福感を感じていない日本人、トップの国とは何が違う?

2012年から行われている国連が発表した世界幸福度報告書(World Happiness Report)によると、今年は1位がスイスになりました。経済発展だけを追っても環境やサステナビリティが考慮されないと、人の幸福感にマイナスの影響をあたえるということがわかっています。

このリポートの順位をみると、トップ10はスイス、アイスランド、デンマーク、ノルウェー、カナダ、フィンランド、オランダ、スウェーデン、ニュージーランド、オーストラリア、ときてちなみに日本は46位。。。
幸福の度合いをはかるファクターは6つあり、一人あたりのGDP、健康寿命、人生選択の自由度、汚職レベルの低さ、福祉、寛容度(寄付)を考慮ということですが、特にGDP、寿命、福祉というのは大事な要素と捉えられます。一人あたりのGDP高い国がランキングに半分ほどはいっています。

それにしても日本の46位ってなんか、寂しい気がしますね。。1位のスイスと何が大きく違うのかみてみると、寛容度と汚職レベル、ということが大きく違うようです。一人一人の幸福感が低ければ、当然、他人に対する寛容度も低くなるでしょうし、寄付額も少ないでしょう。でも汚職レベルって??日本って世界レベルで見たときにそんなに汚職があるってイメージがなかったのですが、もしかすると、政治の制度にも関係しているのでしょうか。ちなみにスイスの政治家で100%政治家として生計をたてているのは大臣レベルだけでほとんどの議員達は、自分達の本職があります。どんなに時間を割いても最高でも60%分の給料しかでないということで、政治に対する情熱がなければ務まらないということが汚職を少なくしている理由かもしれません。

自分の国にいると、当たり前すぎて気にもしていない、ビザとか労働許可の問題や保険のことも外国にでてみると初めて、自分はいろんなものに守られていたんだということがわかります。
このリポート、その国に住んでいる人を対象に聞いた調査で本来、自国に住むことは楽なはずなのですが、平和な筈な日本でこれほど人が幸福感を感じていないということのほうが問題のような気がします。ものはあふれ、格差といってもアメリカほどの格差があるわけでもなく人は親切で、治安もいいし、インフラも発達している。。。
その国で人々が幸せだと感じていないという結果をみると、人にとって幸せとは何か、ということを改めて問われますね。

又、精神的に健康であることが人生を肯定的にとらえるということに大きな影響を与えているといわれますが、メンタル面に問題を抱えている半分の大人はすでに15歳の時にある種の症状がでているそう。ということはいかに若い時が大事かということが言えそうです。

多くの国の元首は、自国民が幸せであることが大事であるという認識をもっており、この結果を国の政策に反映させてほしいとの考えから国連はデータを発表しているそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中