英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法

大学が本格的に国際競争にさらされているのを感じる昨今です。アメリカ以外の英語圏でないところでも英語で学位がとれるコースがふえています。高額な学費のためにアメリカ人が英語で他の国で学位をとるチャンスはないものか、と検討する記事が去年のワシントンポストにあったのですが、これは日本人も検討する余地ありだと思います。

ヨーロッパでは公立大学はほぼ学費がただ、もしくは非常に低額です。今まではそれでも英語で学位がとれるのはマスター、もしくはドクターレベルでしたが、近年は学士号も英語でとれるコースが増えてきました。自国の言語を非常に大切にするフランスでさえも英語のコースが増えているということはやはり、それだけ需要が高いからといえるでしょう。

ドイツ、フランス、スイス、フィンランド、スエーデン、ノルウェー。。。と調べればまだまだ出てきそうです。
例えば、ドイツのフライブルグ大学では2012年からこのようなコースが始まっています。
http://www.ucf.uni-freiburg.de/las

デンマークの面白いところは、大学にいくことで、大学生は月に900ドルほどを支給されること。途中で退学することになっても、返済する必要はありませんが、資金をうける条件としては両親と一緒に住んでいないことが挙げられます。支給は最長で6年あり、優秀な場合はそれ以上支払われることもあるそう。

スイスの職業訓練学校の場合も、週に数日働き、数日は学校にいくという形で月に6〜8万円程度でますが、それよりもすごいですね。。

外国人の場合、多少学費が違うという国が多いなか、ドイツのように外国人も無料、もしくはノルウェーのように外国人も自国民も同額という国もありますね。
ヨーロッパの場合学費がただでも生活費は高いということはありますが、それでもまだアメリカの大学にいくよりも、安いのではないでしょうか。そして英語以外のもう一つの言語にもふれる機会があるという(もしくはマスターできる)特典もつきます。

広告

英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中