国際会議でのプレゼンの注意点—NAFSA 2015 より

国際教育交流分野での最大のコンベンションNAFSA2015が今年はボストンで開かれました。
世界中の大学の国際連携に 関係している人たちが1万人近く集ります。

1週間にわたるこのコンベンションでは今回は今まででも一番大きな日本ブースができたようですね。現在、ボストン美術館で行われている北斎展、又ケネディ駐日大使も日本からいらしたことも日本の大学にとって追い風になっていたかもしれません。

日本の各大学が、学生が外国に行けるような仕組みを充実させるために、また、外国からの留学生を受け入れる為, 世界のほかの大学と相互の連携や研究分野での連携が進む為に世界中の多くの大学の代表者が集まるこの会議は非常に有意義なものだと思います。

さて今回、1週間にわたり様々なテーマを中心に話し合われたり、プレゼンが行われたりしました。
このような国際会議を運営する団体は、そして参加者はどういう点を評価するのでしょうか。

主催者側としては、行われるセッションがどれだけ注目を得るものか、参加者にとって有益であるものかということを考え、セッションをオーガナイズしていくものですが、その時の評価基準としては、
・ セッションへの参加人数
具体的には始めの10分、30分後、最後の10分前の参加人数動向はどうだったか
・ 内容とその質
参加者がセッションから学ぶことがどれだけあったか。
発表内容がそこにいたいと思わせるものだったか。

そのあたりの結果を次の会議でプログラムを組むときに反映させていくようですが、とくに国際会議のようなところでNGなのは、
・スライドが新聞記事のように文章がひたすら書いていあるものだけのもの(更に、英語圏で発表するものなのに、スペルミスがあるというのは結構致命的!とのコメントが。。。)
・スライドをひたすら読んでいる。

こういう発表をきいてしまうと、これは一気にモチベーションがさがりますね。大学の授業もこう行われているんだなあと、察しができてしまいます。。。

そして発表をきいていると、英語ができることとプレゼンが上手いこととは必ずしも関係がないこともわかります。

個人的にもいろいろな機会で普段からスライドをみたりやプレゼンを聞くことが多いのですが、今回のセッションでも改めて、日本人のプレゼンの傾向は中身の情報が多すぎてそれをスライドにした時に、盛りだくさんになりすぎ、ということはあるように思います。

すると棒読み状態になりやすく、話にメリハリがなく、そうでなくても抑揚をつけて英語を話すのは日本語が母国語の人にとっては難しいと思うので、全く話もつまらないものになってしまいます。いくら中身がちゃんとしていても、見せ方がうまくないために、惹きつけ力が低いという傾向が強いのではないでしょうかね。

たくさんの情報をいかにシンプルにみせ、伝えるかということがスライド作り、そしてプレゼンには重要なポイントではないでしょうか。

NAFSA2015日本ブース

NAFSA2015日本ブース

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中