アメリカの一流大学に入りたかったらアジア人でいることが不利になる?

日本で国内のトップの大学に入りたければ、小学校の低学年からox塾にいき、中高一貫の進学率のいいところにはいって、塾は△塾。。。といったある種のルートがありますが、同じようにアメリカのトップ大学に絶対子供を行かせたい親、また学生のために、大学の願書を出す数年前から、志望校をみすえ、SAT、GPAといったスコアだけでなく、高校ではどんな科目を履修して、課外活動はどんなスポーツ、音楽、ボランティアは何をする、というように完璧な履歴書を作るためにトータルに、プログラムを組むカウンセラーがいます。

アジア系アメリカ人がハーバードを訴えた話がありましたがここ最近は、アジア人の中での競争が激化しており、SATでフルスコア、GPAもかなりのハイスコアでもアイビーリーグに入れないというアジア系が増えているという背景があります。点数の高いアジア人は受け入れられずそれよりずっと点数が低いマイノリティーが受け入れられるのは違法だと訴えている話ですが、これは差別の話なのかダーバーシティの話なのか、ということですよね。。。6月1日のボストングローブ紙には、全米のアジア人比率は5%なのに2018年卒業予定のアジア人比率はハーバード生では20%、プリンストン大学では21%だとの統計があります。30年前にはSATでハイスコアをだしていれば、アジア人でいることがマイノリティーだったために、逆にいい大学に入りやすかったものの、今はアジア人でいることがかえってハンデになっており、同じようなテストの点数で、同じように音楽をやっている例えば中国人とインド人で中国人は入れなかったけど、インド人ははいれた、(もしくはその逆)ということも実際多々耳にします。

それだけ、アジア人は必死に勉強していいスコアを取るということだともいえますが、前述のカウンセラーもアジア系だということをなるべくださないような、エッセーを書けとか、アジア系は団体スポーツにあまり取り組まないので、サッカーやバスケットボールといった団体競技をやるようにとかそういった指導もしているようです。
アジア人は団体のスポーツより、個人競技やラケットを使う競技を多くしているといいます。(確かに、中国人って基本的に個人競技である卓球、バトミントン、体操って上手ですよね、、)しかし、実際社会にでた時はチームプレーを求められることが多く、そういう意味でも他人と協調できるとか、チームで何かを成し遂げるといったことは多くの場面で望まれます。

先日、たまたまボストンの中堅どころの規模の小さい大学に通う中国人の大学生と話した時、大学には学生を確保するために一流大学以上の比率でアジア人(特に中国人)がおり、授業によっては、先生がかなり英語のレベルをおとさないと学生がついてくることができず、アメリカ人学生の不満もつのる、そして卒業してここで仕事がしたいと思っても、今度は仕事を見つける際にまたアジア人同士の競争にさらされる、ということになっていると言っていました。一方、大学も資金確保のためにかなり積極的にアジアにリクルートしにいっており、しばらくはアジア人が増えることがあっても減ることはないようです。

逆にいえば、アメリカにとって中国はますます重要な国になっていくともいえそうですが。

関連記事:
アジア系アメリカ人に訴えられたハーバード大学

留学生動向からわかる、インドと中国の経済状況

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中