ピッチコンペってこんな感じ。

ボストンエリアでは、しょっちゅういろんなところでピッチコンペティションをやっています。

スイス科学領事館が企画し、マスチャレンジ、ベンチャーラボが参加してハルトビジネススクールで行われたピッチコンぺをみてきました。
ベンチャーラボは毎年スイスのスタートアップ企業を20社ばかり選抜し、10日ほどかけてボストン、ニューヨークで研修を行います。ビジネススクールでコーチングをうけたり、ネットーワキングイベント、各種セミナーをうけ、アメリカのアントレプレナーシップ、ビジネスのやり方を学び、このイベントにも参加します。
ベンチャーラボのメンバーが参加するピッチコンぺはセッティングをかえて毎年行われるのですが、今回はハルトビジネススクールやマスチャレンジからの参加もあり、以前ブログでも紹介したPavlok もコンテストに参加していました。やはり、アメリカ勢はピッチがうまいですねー!

なんと今回は日本でもIPOを果たしているヒューマン・メタボローム・テクノロジーズも参加していました!こういうピッチフェスで日本の会社が(日本人が)参加しているのをみることはとても少ないので、嬉しい驚きです。ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズは本社は山形にあり、慶応大学からスピンオフした世界に誇れるオンリーワンテクノロジーを売りにしているバイオベンチャーです。

さて今回は、メドテック、バイオテック、エンジニアリング、IT/ソフトウェアと分かれてまず一次コンペをして、各分野から選ばれた代表がファイナルに進み、ファイナルでは、事前に知らされなかったお題、

”なぜあなたが、このスタートアップを率いるべきなのだと思いますか?”

について5分考える時間が与えられ、その後、指名された人が1分間でピッチをします。
通常の1分間で自社について述べるピッチより、その場でテーマを与えられて話すピッチのほうがより、その人らしさがでてみている方は面白いですが、自分がもしそこにたっていると考えると。。。やっぱり相当自分に対する自信とやっていることに確信がないと無理かも。

自分の服をレンタルできるRedress

自分の服をレンタルできるRedress

こういうピッチフェストでいつも思うのですが、B to B のビジネスとB to Cのビジネスでは一般人と専門家のジャッジの理解度は全然違うだろうなということ。特に一次審査は専門性の高いものより、誰にでも受けのいいものが選ばれる傾向にあるので、製品やサービスの中身が濃くても伝わらないということが多々あります。すでにビジネスとして軌道にのっているものが、大衆うけするとも限りません。地に足がつきつつ、夢をみさせてくれるようなものが好まれるとでもいいましょうか。。。
まあもっとも難しいビジネスをいかに誰にでもわかるように簡単にいうかがピッチの意味でもありますが。

ファイナルでは、観衆とは別にシリアルアントレプレナーや専門家からなる特別なジャッジ3人が、勝者を選びましたが、今回はどちらもDDG というヘルスケアリサーチのマーケティング会社が選ばれました。賞はスイス行きの飛行機チケット。
メドテック、バイオテック関連のスタートアップが多いのもボストンならではという感じがしますね。

関連記事:
ショック療法で生活習慣を変える

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中