これから世界でますます重要になるかもしれない職種

5月31日のボストングローブでは、大卒か、高卒かの生涯賃金の違い(約1億円)よりも、大学で何を専攻しかたによる生涯賃金の差(約3.4億円)のほうがずっと大きいというデータがのっていました。

2013年の大学学士号取得者のエントリーレベルでの年収の中間値はSTEM分野を専攻した場合、43000ドル、一方、アートやリベラルアーツ、人文科学系を専攻した場合は29000ドル、これが、ミッド・キャリア層においては、一番が石油工学出身者で136000ドル、ということですがこれが10年後、20年後にはどうなっているのでしょうか。

前から気になっていたのですが、アメリカ、ヨーロッパを行き来することが多い中気ずいたことを一つ。
EU圏を含め、ヨーロッパにはたくさん国と言語がありそれぞれコミュニケーションをとらないといけない、そしてその手段として英語は当然ながら有効なのですが、現実は各国に行った時、現地の言葉が理解できないと困ることが多々有ります。
そんな背景があってか、ヨーロッパの中では文字で説明するのではなく、グラフィックが多いように思います。ところがこれがアメリカだと結構いたるところに文字でかいてありますよね。
例えば、No turn on red (信号が赤のときは右に曲がってはいけない)って初めて見たとき、え??赤だから当たり前でしょう、と思ったのですが、実は信号が赤でも他に車がきていなければ曲がってもいいのですよね。

no turn on red

Right Lane must turn right(右レーンは右折のみ)これも道の上に矢印が書いてあるのにわざわざ、文字でかいてある。
right lane must turn right
車で走りながら、至るところにある表示を読むのも大変です。

一方、ヨーロッパの場合EU内だけでも、言語が多すぎる、全ての場所に全ての言語で書くわけにいきません。そこでできるだけ、誰もが理解する絵で表示されていることが多いように思います。
例えば、IKEAの家具の組み立て図。これは誰が見てもわかるように文字はほとんど使われていません。

それからスキー場でみかけたグラフィック。8人横に並んでね、ということなのですが、これがアメリカや日本ならきっとリフトの管理会社の人がいてちゃんと横に並ばせるんだろうなあとも思います。

8人のりのスキーリフト

8人のりのスキーリフト

さて、グローバル化に伴い人の行き来がますます活発になるほど、この誰にでもわかりやすい表示というのが大切になってくるのではないでしょうか。
そう考えると、デザイナー(とくにグラフックデザイン)はこれからも着実に需要が増えるのではないかと思う分野です。
たとえ英語を習うのが苦手とか、言語が苦手だとしてもデザインというあらたな世界共通言語で勝負することができます。

東京でもオリンピックにむけて至るところで文字表示をするより、誰にでもわかるサイン表示をするというのはどうでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中