鬱を乗り越えるには幸せな記憶を呼び起こすこと

最近、従来の考え方とは違ったガン治療や、抗生物質を含めた薬や病気の治療法というのが少しずつ広がっているのを感じます。それは、人が本来もっている免疫力や微生物を使ったり、瞑想のように、考え方や心のあり方をかえるということも含みます。そういう流れのなかで、従来の抗うつ薬ではない方法で、鬱を治す新たな可能性がMITの利根川教授らの実験で証明されました。
6月17日のMITニュースによると始めに楽しい経験をマウスにさせてその後そのマウスにストレスを与え鬱のような状態にしたのちに、そのマウスに事前に経験した楽しい記憶を思い出させる刺激を与えることで鬱状態が緩和されることを示唆しました。

日本では近年、うつ病の人が全ての年代で増えているといいます。ストレスが多い社会に住んでいるからとか、抗うつ薬が原因だとか色々いわれていますが、この方法だと従来の抗うつ薬と違って、副作用はほとんどないということです。

鬱の場合、肝心の幸福な思い出を思い出しにくい、という状態にあることが問題のようです。これはマウスを対象にした実験であり、人の場合はまだこれから、ということですが、外から何かの刺激を与えることで、幸福な思い出への回路ができるとしたら、もしかしたら、本人や家族、周りの人にも協力して状況を改善させることができるかも?

鬱の人に声をかける時は注意しないと、こちらがなんとも思っていない言葉にひどく落ち込んだり傷ついたりしてしまうことがあります。幸せか否かという感覚というのは個人差が大きいですし、人の思いというのも結構強いもので、え?あの人そんなに不幸だと自分で思っていたんだ、なんていうことがあるほど、他人から見た時、幸せだと思っても本人が不幸に思っている場合もありますし、その逆もありますよね。

幸せな思い出がたくさんあるほど、自分の状態もポジティブになるということだといえます。それが体調にも影響を及ぼしていることを考えると、まさに病は気から、ということが言えそうです。

関連記事:
病気に対する治療法がこれから変わっていくーTEDx Cambridge 2015 Spring よりー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中