人種差別、男女差別となんでも差別にする傾向がどんどん強くなってる?

アメリカの教育省が、ハーバード大学が入学選考時にアジア系米国人の志願者を差別しているとして、アジア系米国人の64団体から成る連盟が米教育省公民権局に異議を申し立てた件で、同省はこの申し立てを却下したとの報道がありました。
実際、ハーバードでは(学部)アジア系が21%はおり、ダイバーシティーを重要視する観点から、申し立ては却下されたということです。これは優秀なアジア人が増えている中、ここでうけいれてしまうと、ハーバードだけでなく、アメリカの一流校全てにおいてこの割合がどんどんあがっていってしまうということを避けたいということはあるでしょうね。
個人的には世の中に数万とある学校の中である一つの大学に入るということは運とか、学校との相性というのがあって完璧なCVや点数だけでは決まらないというほうがかえって自然な感じがしますけど。。。

それにしてもアメリカ社会、人種差別、男女差別、となんでも差別にする傾向がどんどん強くなっているじゃないかと思うことが、またありました。
ボストン美術館のモネの『ラ・ジャポネーズ』という絵画の前で、絵画に描かれている着物と同じレプリカを試着することができるというイベントが人種差別だ、帝国主義的だという抗議をうけて取りやめになりました。でもこれ抗議しているの日系人でもなく、モネの絵の前で着物をきてみることのどこが帝国主義で、人種差別なのか、全く意味がわからないのですが、逆に、日本人に対する抗議なんですかね?

ボストン美術館FBページより

ボストン美術館FBページより

人種や文化、男女の差別ではなく違いなんだということがわからないと、そのうち、子供が産めないのは男女差別だ、とでも言い出す人が出てくるかもしれません(笑)

関連記事:
アジア系アメリカ人に訴えられたハーバード大学

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中