1年で終わる職業訓練プログラム-year up-

大学に行きたくても金銭的な事情でいけない、そしてそのために低賃金の仕事しかできない18から24歳までの若者を対象にコンピュータースキルやオフィスで役に立つようなスキル教えることをサポートするyear up というノンプロフィット団体があります。ボストンから始まったこの団体は全米で確実に少しずつ広がっています。

多くの仕事は実際大学にいかなくても特定のスキルさえ身につければ十分やっていける仕事なのですが、そのスキルがないために低賃金の仕事にしかつけない若者たちがいます。一方、企業側は人手不足といって、需給バランスが崩れています。そのギャッップを埋めるために、この団体では24000ドルを一人分として大手企業から寄付をうけています。このお金をベースに、半年基礎勉強、半年インターンシップを行い、その間おこずかい程度ですが賃金も支払われます。プログラムを終了した85%の人たちが4ヶ月以内に就職先をみつける、または大学には入学することができるそうです。

実際、高校卒業後、奨学金をもらって大学にいくことがきまっていたのにもかかわらず、生活費が払えずに結局、進学を諦めた青年がこの1年のプログラム終了後大手製薬会社に入り、年間60000ドル(700万円以上)の給料をもらっているという例もあるそう。寄付をする企業にとってみれば、学生とのコンタクトも直接でき即戦力になる若者を育てることができる非常に有効な投資といえそうです。

本来、時間のかかる職業訓練を短期集中でするというこのプログラム、若者だけでなく転職希望者を対象にしてもいいかもしれません。

広告

1年で終わる職業訓練プログラム-year up-」への3件のフィードバック

  1. 初めまして。教育に興味があるものです。お伺いしたいのですが、アメリカにおいて大学は職業訓練校的なものと見なされているのでしょうか?そして、もしそうなら、大学において歴史とか哲学のような、直接職業に結びつかないような学問を学ぶということはどう評価されているのでしょうか。

    • コメントありがとうございます。アメリカにはかなりの数の大学があります。中には、職業やその後の就職にフォーカスしているものもありますが一方、リベラルアーツ系といわれる大学では日本でいうところの教養科目(歴史や哲学等も含め)を深く探究していき、その中で自分の進みたい道を決めて専門分野にいくのは大学院という考え方もあります。優秀なリベラルアーツ系の大学を出ている人たちはいわゆるエリート的な大学院に進む場合が多いようです。将来どういう道に進むとしても、一流になりたいと望む場合、広い教養というのは問われると思います。例えばハーバードビジネススクールでも歴史を大学で専攻していた学生をとっています。

      • 返信ありがとうございます。
        現在、日本では人文科学・社会科学系の学問が、大学において軽視される傾向にあるのですが、その原因を新自由主義が広まったせいにする風潮があります。しかし、そうした風潮からの批判がやや短絡的な気がして、もっと根本的な大学や学問そのものに対する考え方の違いに原因があるのではないかと思い、比較のためにアメリカではどういう感じなのかをお聞きしたかった、というのが質問の意図でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中