日本人が英語ができない理由

ボストンにいると、留学生やアメリカ在住の日本人の方たちも多い為、英語がすごく上手な方々に会う事が多いです。特にアメリカではメールの返事といったことはスピード勝負なので、とりあえず、なんらかの反応をするというときには英語がささっとかけないと困ります。話す力もさることながらメールの場合、確実に残ってしまうので、私も冷や汗をかくことが多いです。
そんな中最近英語が上手い日本人が本当に多いなあ、なんて思っていたのですが。。。

久しぶりにあった、日本在住の外国人が日本人の英語のできなさに辟易している発言をしていました。彼によると、”国際〜” という名のつく部門の人たちとでも話しがうまく回らないことや、学校の英語の先生と全く会話が成り立たないで特に驚いていました。

私もアメリカ人になぜ、日本人は英語ができないの?と聞かれることが多いのですが、(じゃああなたは英語以外に何語ができるの?と言い返したくなりますけどね。。)アメリカの学校(K12までのレベルでは)でも外国語のクラスの先生が必ずしも、ネイティブというわけでもなく、5年くらい習ったけど、使えるレベルにはならないという発言もよく聞きます。そして、時々帰国子女や、その言語がネイティブ並の子がきて、先生よりも上手で、かえってクラスを引っ掻き回してしまうというトラブルも。。。
実際、自分が学生の頃、クラスにいたアメリカ帰りの子がよく英語の先生ともめていましたね。

知り合いの英語の先生は、日本の英語の教師は正しい文法を教えればいい、テストの点数がとれる英語を教えればいい、そして親御さんもそれを望んでいるので話したり聞いたりできる必要もないし、コミュニケーション能力がある必要もないといいます。toeflができる以上に英検をもっていることの影響力が高いという発言を聞くと、日本人の使える英語力がアップしないのもわかる気が。。。

そして、やっと最近国をあげて日本人の英語力アップに力を入れ始めたようですが、しかし、実は、今起こっているのは、できる人とできない人の格差の広がりだと思います。できる人たちは本当にできますよね、日本にいる人たちでも留学していた、帰国子女という人たちはたくさんいますが、一方、できない人たちもそれ以上にたくさんいるというわけで。全ての人たちの英語の能力がネイティブレベルになる必要はなくても、少なくとも6年間英語を習っていたらそれなりのレベルの英語ができないと残念です。

それにはやはり高校までの英語教師のレベルを上げることがとても重要だと思います。
アメリカでJETプログラムで日本にきて日本の学校で英語の教師をしていた、というアメリカ人に多く会います。JETプログラムは「語学指導等を行う外国青年招致事業」で30年近い歴史がありますが、日本人に英語を教える以上に、外国人に日本を知ってもらうという大きな意義もあるようです。これがきっかけで日本が身近になった、日本文化がわかったという発言をききます。彼らに英語教師のトレー二ングのようなものを依頼してもいいかもしれませんよね。。。とにかく、先生の役割は重要です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中