中国の景気減速がボストンの大学に与える影響

外国人をたくさん受け入れてるアメリカの大学では、歴史的に、世界の政治や経済の変化に少なからず影響をうけてきました。ここのところの中国株式市場の混乱で、このまま事態が好転しないと、中国からの学生が多いボストンの大学にも影響があるんではないかという懸念がでてきています。

ボストンエリアにおける、留学生の比率をみてみると、中国からは28.6%、インド10.5%、韓国5.9%、その後カナダ、サウジアラビア、台湾、トルコ、と続き、日本からは1.5%となっています。
Institute of International Educationの2014年のリポートによると、ボストンは全米で外国人留学生の多い3番目の都市になっており、19億ドルの経済効果をもたらしています。

外国人比率が高いのは、ノースイースタンやボストン大学ですが、ボストン大学では特に2014年度の外国人学生のうち41%が中国人になっています。

資金が潤沢にあるハーバードやMITは、中国人比率が低いこともあり、それほど影響は受けないと考えられていますが、他の中堅どころで規模の小さい学生からの学費をあてにして経営をしている大学では、中国人をあてにしている部分もあるので、中国人の比率が下がることが直接経営に影響を与えます。

それにしても中国人の大半は大学からアメリカにやってくる留学生ですが、現実には、高校や中学からすでに寄宿舎付きの学校にいっていたり、資産の移転という視点で考えた場合、家族ごと郊外の教育水準の高いエリアに家を買って家族ごと移動、また母子だけアメリカにいて父親が仕送りということが起こっています。

関連記事:
留学生動向からわかる、インドと中国の経済状況

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中