難民受け入れにみるドイツ人の哲学

今年は年初から次々と問題続きの1年ですね。ISの問題、ギリシャ問題が一息ついたと思ったら、中国の株下落、ヨーロッパの難民問題。。。
以前、このブログで”ヨーロッパにおける難民増加の現実” というのを書いた時には、オーストリアで70人以上の難民が犠牲になったバスがみつかる直前のことでしたが、それから2週間もたたないうちに、ドイツは大量の難民の受け入れを表明しました。

ドイツのメルケル首相の最大の功績は、難民の受け入れを早急に決断したということだと思います。すばやい決断ができたのも、優先順位がはっきりしているのだからではないでしょうか。各メディアの論調ではもちろん経済的に余裕があるといった視点や、ドイツは労働力を必要とするといった(特にシリアからの人達は学歴や一定以上のスキルを持った人達が多い)、数字に重きをおいた理論を展開している記事をよく見ますが、私はそれ以上にドイツが過去の歴史を振り返った時の反省から”人道主義”の重要性が彼女を決断させたのではないかと思います。

そして、この感覚は彼女だけでなく、ドイツ人の中での共通の認識なのではないかと感じたのは、ミュンヘンに住むこんな人の話を聞いた時です。
”多くの人は難民の受け入れに決して否定的ではないよ、特に僕たちは歴史的にも背負っているもの(ナチス)があるから。でも難民の中にはコソボやアルバニアといった昔は確かに紛争地域だったエリアの人達で今はそれほど困っていなくても、とりあえずドイツに来たいとか、難民制度を悪用する人達が数パーセントいるのは事実。だからといって本当に困っている人たちを助けることは問題にはならないし、問題にするべきではない。”

非常に多くの難民をうけいれることで、最右翼層からのテロを含む、嫌がらせというのが外国人に対して増えるというリスクはあります。スキルのある難民をうまく経済に取り込むことができれば、経済的には潤ってもドイツ人との仕事の奪いあいから、治安が悪化する地域も多くなるかもしれません。又たとえシリアからの難民を一時的に受け入れたとしても根本的な解決にはならないとも言われます。

それでも、今現状目の前にいる困っている人達に手を差し伸べるという選択をしたドイツ。選択が正しいか、否かという話以前に、メルケル首相の信念、哲学、そしてリーダーシップを強烈に感じます。

さて、日本は移民にも厳しいですが、難民の受け入れも非常に厳しい国です。
国際協力という点で考えた時、他国の争いに軍事という形で支援する以上に、日本に一番ふさわしい国際貢献の形というのは実はこういった形を含めた人道支援なのではないかと思うのですが。

関連記事:
ヨーロッパにおける難民増加の現実

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中