マサチューセッツ州で増加する農業従事者

17世紀にイギリスからマサチューセッツ州にやって来た入植者(ピルグリム・ファーザーズ)にとって一番大変だったのはこの気候と痩せた土地でいかに食べものを確保するのかということでした。原住民達に農業を教わりようやく作物を収穫出来るようになった、その御祝いがサンクスギビング(感謝祭)だと言われてます。

夏と冬の寒暖差が激しくマサチューセッツ州はアメリカの中では特別に農業州ではないですが、連邦政府の農業統計によると2002年から10年間で農家数は28%増えています。ところが、農業規模となると、アメリカらしい大規模農家というよりも、規模が小さくなっているそうです。そして小規模の農家が中間業者を通さずファーマーズマーケットで直接消費者とつながるやり方で販売をしています。値段は割高になりますが飛行機で何時間もかけてやってくる野菜や大農場の農薬ずけで育った味のない作物より美味しい、体にいい、地域経済にもいいということで、健康オタクの多い、ボストン近郊では特に地産地消が人気です。そして、傾向として、共同で畑を借りたり、契約した畑から収穫物を買ったり、自家菜園といったどちらかというと、自給自足に近い形が広まっています。小規模で多少値段が高くても、いいものを買いたいという消費者がいることが農家数の増加ということに現れているようですね。

世界的に天気の変化が年々激しくなり、干ばつや洪水、火山の噴火地震が多発しています。自然災害が増えると農業にも影響が出ますが日本の農業自給率低いのが気になります。自家菜園、自給自足に興味がある方は、以下の関連記事をどうぞ。

関連記事:
新しいアーバンガーデニングの形、アクアポニックス
TEDxCambridge2015 Springに参加したイノベーティブな会社色々

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中