雇用は戻っても、給料は減っている中、どんな職業を選ぶべき?

マサチューセッツ州は高等教育機関も多いですし、教育熱心な州でもあり、連邦準備銀行の調査によると、住人のほぼ半数(48%)が少なくとも学士以上の学位をもっています。

一方、学生ローンが増えるなか、若者が仕事をみつけるのも難しくなっています。アメリカの失業率は5%程度ですが、そのうち20歳から24歳の若者に関しては10%で、ニューイングランド地方の25歳から29歳の住人の三分の一は大学を卒業することができずに負債を抱えたままでいます。
ということは、若者がこの先、車や家を買うというのはますます難しくなりそうです。

労働統計をみると、ニューイングランド地方では学士の失業率は3.5%、修士2.8%,特別なプロフェッショナルな学位を持つ人の場合1.9%,しかし、逆に博士は2.1%と増えています。そう考えると、プロフェッショナルな学位、例えば、看護士、エンジニア、医者、ロースクールとかMBAとかでしょうか、そういった学位をもつことは、学費がかかったとしても、その後の失業率は一番低いようですね。それでもボストン財団と労働省の調べによると、2014年の週平均の賃金がマネージメント職では高い(週平均2814ドル)割にリーマンショック以降の雇用の伸び率はかなり低いということで、マネージメント職は狭き門といえそうです。

また2022年までに予測される職業の増加率と給料額をみてみると、看護士が20%弱の伸び率で年収65000ドルと、例えば学士をとった会計士よりも(年収63550ドル)給料が高いということが起きています。投資リターン率と雇用リスクを考えると、MBAより、看護士になったほうが割がよさそう?
9月22日のボストングローブ  によると、リーマンショック以降雇用は回復したものの、その多くは低賃金のものだといいます。伸びている分野はヘルスケアと専門技術職、及びホテルや食に関わる仕事となっていますが、食の分野は週給552ドルとなかなか厳しいですね。

その結果インフレを考慮するとボストンの家計の中間値は1990年よりも4%減っている一方、上位5%の所得は42.5%の増加だということ。結局自分が好きで得意なことと、世の中に必要とされている職業が交差するところをみつけるのが鍵のような気がします。

関連記事:
ボストングローブ8月19日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中