やっぱりいた、ヘリコプターペアレンツ、スノープラウペアレンツ!

今年、ハーバードとイギリスのケンブリッジ大学両校から合格通知をもらいながら9月からハーバード大学に通い始めた学生がケンブリッジを体験しにいってきた話をきいてみました。彼女はもともとケンブリッジ志望だったのですが、実際に学校にいって、教授と話したり、授業を体験をしてみると、専門性が高く、選択の幅も少ない、一方ハーバードのほうは専門をすぐにはきめる必要はなく、始めの1年は興味のある学科を片っ端からトライでき、幅の広い勉強ができるというのが魅力的だったといいます。

ただこれは、ヨーロッパでは、一般教養までのレベルは高校での範疇である、というのが大きな差だと思います。大学はあくまでも専門性を追求するところというという認識。アメリカの大学のいいところは、実際に体験してみたらやっぱり違ったといってもまた修正できるという点、自分が何をしたいか考える余裕があるという点かもしれません。

しかし、その彼女の話で一番びっくりしたのは、なんと新学期が始まった1週目学生たちはどんな授業もトライアルできるということで、お試しウィークだったわけですが、その1週間目の授業に全てついてきた母親がいたということ。授業を選択するのも母親と一緒で、ヘリコプーターペアレンツ、スノープラウペアレンツというのは本当にいたんだ!とびっくりしたそうです。それにしても学校側がそれを許すというのも驚きです、気ずかなかったのかな??

傾向としてヨーロッパの子供のほうが早く精神的に大人になるように思います。大学に行く時には何を勉強するつもりか、大抵の場合はっきりきめていなければいけないですし、15歳で進路をきめなくてはいけない子達も多くいます。高校を卒業しても何をするかわからない場合、ギャップイヤーをとる学生もヨーロッパは多いですが、アメリカのサマースクールのように、パッケージになっているコースはほとんどなく、自分でどこで何をするかをコーディネートする必要があります。親も子供のすることに助言はしても、子供のためにプログラムを組むようなことはしないですよね。。。自分で考えながら、行動していくことで自立していきます。
アメリカの大学は、入学して、寮に入る時には親はついていくし、その後も親のためにオープンデーを設け、学生だけでなく、親のケアもする。。。親切といえば親切なのですが、子離れするのがどんどん遅くなるというのもあるのかもしれません。

関連記事:
子離れができない親、問題になる ”スノープラウ ペアレンツ”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中