古代からある素材を使って関節痛に有効な治療法を探る

歳をとるに従って、軟骨がへり、痛みをともなう関節炎を起こすことがあります。自分の周りにもそういう症状を抱えている人が何人もいますが、マサチューセッツ州のケンブリッジの医薬品開発コンサルティング会社SDGによると現時点で骨関節炎の進行を遅らせる医薬品が市場にないといいます。
自然療法で、貝(緑イ貝)の一種が軟骨の再生に役立つとして、サプリメントやグルコサミンのサプリはでていますね。
西洋医学の世界でも病気の治療が科学的療法以外に自然にあるものを使ったり、自己免疫力を高めたりする手法がここのところますます、注目されているように思います。

そんな中、古代からある”絹”の力に再注目しているバイオ企業の話(ボストングローブ10月21日)がありました。

臨床医として、関節の痛みに苦しむ患者に対して、根本的な治療のために処方できる薬がないことをきっかけに研究をはじめ絹に注目して2013年に、Cocoon Biotech Inc.という会社を設立したのツゥイード・ケント医師がいます。
絹はタンパク質と水からできていてその特性として生体適合性があり、体内にいれてもその後取り出す必要もなく、免疫反応もおきません。人体だけでなく、環境にもやさしく、食べることもできます。

絹というのはすごいですね、絹のコップを作れば、そのまま自然に戻りますし、もう少し改良して、食品パッケージにすれば、そのまま食べることもできてしまうといいます。
そんな絹でツゥイード・ケント医師は、関節のジョイント部分に、球状の絹を注射で埋め込むという治療を考え出しました。症状を和らげるとともに、進行を遅らせるように、現在プロトタイプもできているそう。

それにしても、ここでは、臨床医が自分の経験をもとに起業するケースをよくききますが、そういった設備、環境が整っているのもボストンのすごいところだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中