企業内ベンチャーをどう育てるか?

大企業にいるタイプと、ベンチャー企業で働くタイプの人は結構違いますよね。
とくに日本の大企業だと同じ会社に10年以上いる人達も結構いると思いますが、だんだん視野も世界も狭くなってきます。新しい空気をいれて感度をよくし、イノベーティブでいるためにはどうしたらいいでしょうか。

一つは、スタートアップの集まるインキュベーターのようなところにサテライトオフィスをもつ。
実際、そうやって人材を獲得したり、新しいテクノロジーをとりいれる、もしくは、小さな企業を買収、資金をだして、共同研究をするということはよく行われています。

もう一つは、マスチャレンジのようなアクセラレータプログラムに社内ベンチャーを送り込んで、教育するというやり方もあります。
マスチャレンジのダイヤモンドパートナーであるビューラー社はスポンサー金を支払いその代わりと言ってはなんですが、社内教育プログラムとして、社員をプログラムにおくりこんでいます。通常は、外からアプリケーションをし、選ばれないと参加できないプログラムに、社内のコンペで勝ったチームがマスチャレンジにいけるということになれば、社員も意欲がわきます。上手くいけば、スピンオフができるかもしれないですし、社内に新しい部署ができるかもしれません。
社員にとってもリスクは少ない(っていうかほとんどない?)ですし、会社にとっては社員を活性化させ、新しい事業を生み出すことができます。

大企業にいる人をいかにイノベーティブにしていくか。イノベーティブなのは技術だけではなく人であり、マスチャレンジのプログラムは”人”という資源を活性化させていくことにつながるところがすごいところです。

関連記事:
国も応援する、2015マスチャレンジ賞

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中