広がる特定分野に特化したインキュベーター

2010年にMITから派生した数社が集まって始めたサマービル市(ケンブリッジ市の隣)にある、グリーンタウンラボ は全米で一番クリーンテクノロジーのスタートアップが集積しているところです。

そのグリーンタウンラボが来年倍のスペースに拡張されることになりました。現在43社がはいっていますが、去年からウェイティングリストがどんどん伸びていることも拡張の理由にあるそうで拡張後は100社ほどが入れる840平米のスペースになる予定。この拡張には1100万ドルがかけられサマービル市及び、マサチューセッツ州のクリーンエネジーセンターも資金を貸付しているそうです。マサチューセッツ州はクリーンエネルギーに力をいれていており外国からも政府レベルで見学に訪れる人々がいます。グリーンタウンラボには 200キロワットのソーラーパネルがあり、電気自動車のためのチャージステーションが2箇所ついています。ここにはスタートアップだけでなく、シェル等の大企業の研究開発部門もオフィスを置いています。

ボストン周辺には分野に特化したインキュベーターがいくつかあります。
ケンブリッジ市には化学、生物系のウェットラボ(実際に化学や生物実験ができるところ)LabCentralというのもありますし、 ハードウエア(ロボットから補綴器具まで様々なもの)を作るために1億円相当の機械まで用意しているスペースを貸す、Bolt, ロボット企業が集まるインキュベーター等、似たような分野にいる起業家達が集まると、情報も早く入ってくるし、互いに協力しあうこともでき相乗効果が生まれるようです。
ちなみに、TedxCambridgeにもきていたGrove というLEDを使って室内で食物を育成できるようなシステムを作るアクアポニックスの会社もグリーンタウンラボにあります。

Grove

関連記事:
スタートアップを支援する様々なオフィススペース

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中