パスポートとアイデンティティーは必ずしも一致しないという現実

教育機関が多いボストンでは、教育プログラムは若者から40〜50代のエクゼクティブ向けのものまで充実しています。そして比較的、年齢層が高いプログラムに関しては、本人だけでなく、その家族やパートナーも参加できるようなソーシャルな会があるのが面白い点です。

そんな会でこんな人に会いました。
夫婦でスペイン語で会話しているのが聞こえ、南米の顔つきをしている人なのですが どこの国の出身かきくと、チリだといいます。

1970年代のチリの軍事独裁体制時代に、親がスウェーデンに亡命し、当時生まれて2ヶ月だった彼は、26歳になるまでスウェーデンで過ごしました。私も知らなかったのですが、この頃のチリは国民の1/10に当たる100万人が国外亡命し、国民の1/4のGNPが「全く」なくなるという異常事態にあったそうです。
なんとなく、シリアを連想させます。。。

さて、私が最初に彼にどこの出身か(何人か)を聞いた時は彼はチリ、答えました、でも26年もスウェーデンに住んでいれば故郷はもうスウェーデンじゃないのかな?と思い、
”上手く、スウェーデンの生活にはとけこめた?あなたはもうスウェーデン人でしょう?”ときくと、

彼 ”母親は全くとけこめずに苦労していたよ。スウェーデンっていうのは、人種差別的な国なんだ。全て父親のせいだといつも嘆いていたよ、政治亡命だったから”

私 ”別にスウェーデンが特別というわけではなくヨーロッパ全体的にそうなんだと思うけど。。”

彼 ”そうだね。僕はスウェーデンの学校に通い、言葉もネイティブだ。電話で誰かと話したら誰もが僕をスウェーデン人だと思うよ。軍隊にもいったし、スウェーデンがどこかと戦争になれば軍にも参加するよ。でも、それは何かあった時、僕が法的に戻れる場所を確保するためなんだ。僕はスウェーデンのパスポートをもっているけど、スウェーデン人かって聞かれれば、そう聞かれるたびに、自分はスウェーデン人ではないと思いださせられることになる。”

北欧は白人、金髪の人が多いですよね、そこで南米系の浅黒い肌の人をみて、地元の人は彼をスウェーデン人とは認めないといいます。電話では何も問題なく受け入れられるのに、顔を合わせた途端に、差別にあう。。。

彼 ”仕事の仕方が気に入らないとか、マネージメントが下手だとか言われて差別されるのなら受け入れるよ。でも僕の顔、肌の色がだめだといって、受け入れられないのは僕には耐えられないことなんだ。26歳から6年ほどチリに住んだんだけど、やはり自分はチリ人なんだと確信したよ。だから僕がスウェーデン人かって聞かれれば、いや僕はチリ人だと答えるのさ、たとえチリのパスポートをもっていなくてもね。”

人は思った以上にビジュアルに左右させられます。しかし、実際、ヨーロッパにはそれでも、アジア系やアフリカ系、南米系といった典型的な白人のイメージから外れたヨーロッパ人も多く住んでいます。

欧州での難民の増加に伴い、これから10年、20年後には彼のような人達が続出するのでしょうか。
そしてその時、シリアはどんな国になっているのか。。。
パスポートというものと自分のアイデンティティーを切り離して考える、そこに固執しなければ、人は自由になれるのかもしれません。

そんな彼にじゃあ、アメリカは居心地がいいでしょう、ときくと、
”僕の住んでるアリゾナ州は人種差別がこれまたひどいところなんだ”
やれやれ。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中