現代社会を騒がせる様々な脅威について その2

今月始めに起こったブラジルの鉱山ダムの決壊事故で、有毒物質を含む水が、とうとう大西洋まで達したとのニュースがありました。事故そのものでなくなった方々もいますが大きな環境への影響はこれからどんどん広がるとみられています。この事故でメキシコ湾原油流出事故を思いだしましたが、人の記憶は薄れても、環境へのインパクトは時間がたつにつれて逆に大きくなりますし、その経済的影響もかなりなもの(実は正確には試算できるのかよくわかりませんが)になると考えられます。

そんな中、バーモント州(マサチューセッツ州の北側)にある去年運転を停止したバーモントヤンキー原発の廃炉に関する記事 が11月26日のボストングローブの一面にありました。
放射性廃棄物の処理、そしてその貯蔵を巡ってはこの広いアメリカでさえ、なかなか話がすすんでいません。全米では22の施設が核の廃棄物を貯蔵する場所を巡り、最終地がきまらず、とりあえず保管している状態になっているうえ、4年後までにはマサチューセッツ州にあるピルグリム原発も廃炉になることがきまっています。最終保管場所がきまらないと、廃炉にしてもその場所は結局他の用途には使えず、また安全を巡っての住民の不安も残ります。特にヤンキー原発は小学校のすぐそばにあり稼働していなくても、事故や不祥事が起こった場合の影響というのは近隣を含め、数百キロメートル単位で考えられるわけです。そしてお金をうまなくなった原発なのに、処理には莫大な費用がかかるということでそのセキュリティーを考えると、この43年たつ原子炉は全米の安全ではない原発ワースト3に入ってしまいました。2075年に完全廃炉を決めていますが、それまでに12億ドル以上の費用がかかるといわれる一方、原発会社のほうは6億ドルしか予算をとっていないということ。稼働していたのが43年、廃炉にするのに60年(しかも事故を事前におこしているわけでもないのに!)、しかももしこれで事故でも起こしたら、環境、人、経済的な影響を試算すればどう考えても割りに合わない気が。。。

現実的にはアメリカだけでも22、そしてこれから廃炉になる原発は更に増えると同時に核のゴミは減りません。アメリカはシェールガスの普及で天然ガスの値段がさがりガスを使った発電が電力価格を下げ、原発を廃炉に追い込んでいます。結局人は、安全上の理由では運営をやめられなくても、経済上の理由では運営を止められるんですね。まあ原発をやめたとしても残るゴミ問題をどう処理するのかは残りますが、廃炉にするのに数十年かかるのであれば、その間に新しいテクノロジーは進歩するでしょうし、リニュアルエネルギーの分野に関しても相当の進歩がみられるのではないでしょうか。どっちに進むとしても減らない核のゴミに関して、一つの解決策を示している会社”トランスアトミックパワー”の話は以下でどうぞ。

関連記事:
核のゴミを減らす新しい方法

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中