アメリカでも活きる、和のリーダーシップ精神

マサチューセッツは学生レベルでもスポーツが大変盛んな場所ですが、先日名門ウィリアムズカレッジの女子サッカーチームが初めて全米優勝しました。ウィリアムズカレッジといえば、全米リベラルアーツカレッジの最高峰でアカデミックのレベルの高さでも有名です。アメリカの女子サッカーは、世界的にみても、相当強いのですが、そのカレッジレベルの女子サッカーチームを率いたキャプテンはなんと日本人(日系人?)の満山舞さんです。彼女は、幼い時から運動能力が高く、サッカーだけでなく、ホッケーも上手らしいですね。

その彼女がボストングローブでインタビュー されているのですが、サッカーチームのコーチが、『彼女はものすごく負けず嫌いですが、欲がない(利他的)』といっています。普通、負けず嫌いというと、自分が、私がという気持ちが強くでるように思いますが、これが日本人的特性もあるのでしょうか、チームで勝ちたい、全体として勝つために自分を抑え、利他の気を持つというある意味とても、日本的な感じがしましたね。日本の和の精神、に通じるものを感じました。そしてこの2つの対照的にあるような特性が一緒になることで非凡なリーダーを生んでいるのでしょう。

アメリカ生まれでアメリカ育ちの彼女は、”楽しまなければ上手くはならない”というスタンスのもとでサッカーを習ったと言います。

運動神経というのは、持って生まれたものがありますが、それも練習、訓練しなければ鍛えられません。その中で、苦しいシーンもたくさんあったのではないかと察しますね、それでも、コーチは ”楽しんでいるかい?” といつも、聞いていたようです。

少なくとも、自分の子供の頃は体育会でスポーツをして、全国優勝するようなレベルの人達は楽しいだけで、その競技をしているようには見えなかったのですが、舞さんのお母さんも、こういう環境で子育てができて本当によかったといっていました。

とてもいい形での、日米の文化の融合のように思えます。人を押しのけて自分を強く自己主張するのではなく、チームの中でも、自分の役割をたんたんとこなし、和の精神でまとめあげる、という形のリーダーというのが、世界でも十分通用することを証明してくれたんではないでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中