テロにも負けずに増えるアメリカ人留学生

アメリカはとてもインターナショナルだというイメージがある人たちも多いのですが、それは一部の都会で外国人が多い環境の話であり、大多数のアメリカ人は、実際には英語しか話せない人たちが多いですし、アメリカの学校で外国語を学ぶということは日本で英語を学ぶのと同じような感覚、レベルだと思います。国が大きいだけに、わざわざ外国に行く必要をそれほど感じない人が多いようですね。(東海岸から西海岸にいくだけでも外国にいったような気がします)それでも大学に入ると、各大学がそれなりに短期留学(数週間から数ヶ月)のプログラムを用意していて少しでも学生を外向きにさせようとします。

実際、インスティトゥートオブインターナショナルエデュケーションによると、2004年からの10年間で外国に留学する学生は60%も増加しているそうです。2014年で一番人気だった場所はイギリス、その次にイタリア、スペイン、フランス、中国と続きます。それでも、全米の学士レベルでみるとその割合は10%にしかならないそう。これをみてもわかりますが、イギリスにいくということは、そもそも外国語を習う必要はないわけで、その次はイタリア??観光目的でしょうかね??外国に対してかなり保守的なのがみえます。

ところがここのところテロの影響で外国にいっている子供たちを自国に戻そうという親が増えているといいます。年末年始にかけても早速ロンドンのテロ予告がでていますよね。

日本人の感覚だと、たぶんアメリカにいることがそもそも十分危険な気もしますが、人はやはり自分の知らないところはどこでも危険に思うものですよね。

しかし意外に外国にでている本人達は世界のどこでも違った種類のリスクがあるということを理解しています。都会ではテロや犯罪のリスク、例えば治安がいいといわれる日本にも地震のリスク、発展途上国にいけば感染症や衛生上のリスクもありますよね。
危険だからということでどこにも行かずに家にいたとしても日本では交通事故より家庭内での事故が多いとさえいわれているわけですから結局、それが本当に自分がしたいことなのか、必要なのかどうかということをより真剣に考えて行動するようになるかもしれません。

不安な世の中だからこそ、より世界を理解する必要があります。自分の国がどのようにみられているかは外に出ないと見えませんし、そこから自分たちのすべきこと、するべきではないこともより明確になるように思います。

関連記事:
アメリカ人に留学は人気がない?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中