食べ過ぎ、少食、食事をコントロールするハイテク食器

年末年始と付き合いや家族の集まりで少々食べ過ぎな傾向があるのですが、目の前にだされたものが大好きな食べ物だったらなかなか自制が効かなくなることもあります。また逆にアルツハイマーやパーキンソン病、がんといった病気の場合は食欲がなくても、ある程度きまったものを食べなければならなかったりと体重管理が必要です。本来人が管理をしなければいけなかった食の分野でも、どんどん新しいテクノロジーが進出しています。

パーキンソン病や脳卒中などで、ものを掴むことは難しくなることがあります。ハイテクスプーンの Liftware  は揺れている手の動きに反応してスプーンを安定させて、揺れを70%もおさえものを食べやすくします。

Liftware

LIFTWARE

 

味覚というのは年齢があがると衰えていくものですが、パーキンソン病や認知症を患う人たち、そして抗がん剤や治療中の場合はそれが特に顕著です。シンガポール国立大ではTaste+ というスプーンとカップのプロトタイプを作っています。これは、何かを食べたり飲んだりするときに、酸味、辛味、塩味といったものを電気パルスで舌に感じさせるものです。現在量産をめざしていて認知症や塩分が控えめな食事が必要な人たちのために病院で使ってもらおうと試みています。もしうまく行けば、他の食器にも波及する予定。

また子供たちにもっと食べることに集中して、もらえるように、少食を防ぐためにゲーム感覚で食べたもののカロリー計算ができる食器をつくるYumitというのもあります。

Yumit

YUMIT

Smartplate

FITLY

 

フィラデルフィアのスタートアップのFitly はSmartPlate ($99)というカメラとセンサーがついた食器を開発しました。皿に乗っている食品をカメラでとってセンサーが重さも測ります。そしてカロリーを計算し、食べ過ぎたり、早く食べ過ぎたりすると、携帯にアラームを送ってきます。そして、台所に入るたびにその皿を使うようにリマインダーを送ってきます。

ハイテクスプーンは1本200ドル以上しますが、実際それらを必要としているのは老人や病人という社会的弱者だったりするわけです。値段が下がってくれば、病院を中心にもう少し普及するかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中