ハーバード大学への出願数が過去最高に

2月9日のボストングローブ によると、今年度からハーバード大学に入ることを希望して出した出願数は今年は39044通という記録的な数字になりました。この数字は去年よりは4.6%上がったといいます。ハーバード大学によるとこの要因の一つは才能ある学生を発掘する努力を大学側が行ってきた結果、以前なら願書をださなかった学生達も願書をだしたからだといいます。

39044通の中、21%がアジア系、12.2%がラテン系、10.6%はアフリカ系だということ。結果は3月末に判明するということですが、合格率は5.3%という低さになりそうです。

今年はハーバードに限ったことではなく、他のアイビーリーグの大学も願書数が増えているといいます。(イエールも記録的な数字)高校生は大体8−10校くらいに願書を出す人が多いようですが、本命校には早目にだす、アーリーアプリケーションやアーリーディシジョン(単願)をする人が多いです。本来、そのほうが決まりやすいともいわれていましたが、近年どうやらこのアーリーで出すほうが、通常のプロセスで出すよりも学生のレベルが高く、高いレベルでの競争が行われるという現象が起こっている模様。

どちらにしても一流大学に入るのは狭き門ですが、本来アメリカの大学は絶対数が多く、学生のレベルに応じて幅広い選択肢があるのがいい点とも言えます。ところが、高騰する学費を考えると、親としてはどうしてもROIを考え、するとランキングを重視することになり、大学の中でも確実に格差が広がっているといえそうです。そういう背景もあってハーバードのような一流校への願書数は増えることがあっても減ることはないでしょうね、この先も。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中