教育費の高騰で学費のかからないところにいくアメリカ人も増加中

このブログでは何度も取り上げているテーマですが、ドイツではアメリカ人でさえ、ただで大学に行けるということから、年々アメリカからドイツにいく学生が増えているという記事がボストングローブの2月20日に紹介されていました。オランダや、イギリス、アイルランドはもちろん英語のコースですが、それでも学費が無料というわけではありません。現在ドイツで勉強しているアメリカ人学生は1万人ほどいるそう。
今までは大学院レベルには英語のコースがあっても学士レベルではほとんどない、という中最近、特に学士で英語で履修できるコースが増えているという話でした。
もっともアメリカの高校卒業してもそのまますんなりはドイツの大学には入れないので、1、2年アメリカの大学にいくか、もしくはAPを5、6科目とらないといけませんが。
それでももし高校のうちにAPを必要なだけとり、ドイツに行けば5年で修士までとれるので、どっちにしてもいい条件だと思います。

ボストンにあるゲーテインスティチュート(ドイツ政府が公認しているドイツ語の語学学校)にもここ最近、ドイツで大学にいくにはどうしたらいいのか、という相談が増えているといいます。
本来中学くらいから計画をしっかりたてれば確かに高校卒業してそのままドイツ語で履修するドイツの大学へ行くことも不可能ではありませんが、それにはかなり若い時から進路をはっきりさせている必要があり、一般的には大学院にいくころになって初めて、進路がみえてくるというのが現実のようです。ヨーロッパの大学は大抵、入学時に専攻をはっきりさせておく必要があり、そういう意味ではアメリカの大学は入学時に何を専攻するかということを必ずしもはっきりさせておく必要もないし、途中で変えられるということも含め、柔軟性が高いといえます。
もし1年くらいで安く留学したいのなら交換留学のプログラムを使うのがいいように思います。例えば基本、日本の大学とかに籍をおいたままアメリカの大学に行く場合、学費は日本の学校の分を払うことなるということで、多少、経費がかかったとしても、1年に500万円を払うことにはならないでしょう。でももし逆に、ドイツのように学費が安いところに行く場合は損をしたように感じるかもしれませんね。

それでも時々聞く発言に、アメリカの教育が世界で一番いいから世界中から人が集まるという話があります。だから、アメリカにいるのに、アメリカの大学にいかないというと、彼らはとても驚いた顔をします。特にマサチューセッツ州には全米でもトップ校が集まっているので、中には西海岸でさえ、行く必要がないと思っている人たちもいます。でも本当でしょうか?
教育って結局何を勉強したいかで、どこにいくのがいいのかが全く変わってしまうのだと思いますが。。。例えば、食の分野や、建築やデザインの分野、クラッシック音楽で世界の一流の基礎を学びたかったらアメリカにはこないと思うのですよね。だから、ここまで教育費が高騰するとその投資に対してリターンはどうなのかということを考えることは大事なことだと思います。

関連記事:英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法
https://multicultiblog.com/2015/05/18/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%9C%8F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中