低年齢化している米国留学の現実

大学レベルでのアジア人学生(特に中国人)の人口増は度々、語られますが、中学、高校レベルでも中国人の数が増えているという話です。大学に入るのが大変になっているので、高校からいれてしまおう、という中国人の増加により、2010年から2015年までの間にマサチューセッツ州ではインターナショナルな高校生の数が58%も増えているんですね。学校はダイバーシティを重視ということでレベルのいい、財政的に余裕のある学校ほど、受け入れ中国人の数を制限できますが、そうではない学校は大学費用と同じ位かかる私立のボーディングスクール費用を全額払ってくれるアジア人の学生は正直大歓迎でしょう。アメリカ合衆国国土安全保障省によると2015年にアメリカにいる外国人高校生の35%は中国人だったそう。そしてその数はどんどん増え続けています。

新聞記事( 3月26日のボストングローブ )では私立のボーディングスクールの話でしたが、実際公立でもホームステイ先になってくれる家庭を探して、子供だけ留学もしくは、母親と子供の留学というのが増えています。

外国人の多いエリアではESL(英語が第二言語の学生を集めたクラス)があり、他の外国語を学ぶかわりに英語の補習が行われます。アジア人が英語を学ぶのはやはりその言語体系から考えて、ヨーロッパ人が英語を学ぶのとは違って, 習得するのに時間がかかります。ヨーロッパ系の言語ができて英語圏に来る場合は、もともと英語がわからなくても1年もいればESLのクラスからは卒業できるのに対し、日本の中学校レベルで編入してくると、2〜3年くらいは補習が必要になります。ESLのクラスを卒業して、補習を受けなくていいことになったとしても今度はネイティヴの子達と同じ土俵で戦わなくてはいけなくなるので、結局高い学費をはらっても思ったような大学にもいけないという結果にもなります。

もし早い時期に子供を単身で寮のある学校に留学させるのなら、中学のうちに英語のレベルを相当上げておいて、もしくは1年留年させるくらいの気持ちをもっておかないと子供もメンタル的にきついでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中